読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンダのサラリーマンblog

どうも南田です。IT会社に勤めるアラサーサラリーマン。

効率的な睡眠をとる方法(何時間寝ればいいの?)

雑記

どうも僕です。

飛行機の空席が普段より減ってて、そういやもう夏休みなんだと、ひょんなことから気付きました。

ここ最近忙しくて、睡眠時間が少ない日が続いてます。(だって、社蓄じゃん)

みなさんは、しっかりと睡眠時間とれていますか? 

毎日しんどいですが、普段の7〜8時間睡眠と比べて、睡眠時間が少ない時の方が目覚めがいい日があります。 

僕はこれを、

「社畜生の目覚め」

と呼んでいます。

「あ、やべー、今日は社畜生の目覚めだ」 

さて、結局何時間寝たら、すっきり起きられるのか。

(24時間だけは、みんな平等ですからね) 

【何時間寝たらいいの?】

はっきりいうと、これに関しては、個人差があります。

一般論だと、90分の倍数がすっきり起きられる時間らしいです。

(眠りが浅いノンレム睡眠時間帯の為) 

【効率的に疲れをとるには?】

入眠後の3時間は、ノンレム睡眠(深い眠り)の割合が多く、成長ホルモンを分泌させて疲れをとってくれるため、最低でも3時間は寝ないと疲れがとれない。

(最短3時間でOK?) 

【結論】

毎日3時間睡眠でいいじゃん!

(もちろん個人差があります)

入眠にかかる時間+3時間で、あなたも社畜の生活を手に入られる!

さすがに毎日はしんどいですが、本当に忙しいときは、90分を意識して起きることで、効率的な眠りと、すっきりした目覚めをゲットできるわけです。

これであなたも、社蓄さん! 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村