読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンダのサラリーマンblog

どうも南田です。IT会社に勤めるアラサーサラリーマン。

アドセンスの収益が低い原因を3つの観点で考えた

どうも南田です。

最近アドセンスで悩んでます。今日はマネタイズについて少しだけ考えてみたというお話です。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20170108132358j:plain

現在の状況の整理

現在の状況を整理してみます。

はてなプロにする

⬇️

アドセンス載せられるようになる

⬇️

アドセンス3つ載せる

⬇️

アドセンス載せてもクリックない

⬇️

クリック率が高いと言われるダブルレクタングルにする

⬇️

それでもクリックない。←今ここ 

なぜクリックされないのか?

クリック率が低い原因は何なんでしょうか。今回は3つの観点から考えてみました。

【期間の問題】

ダブルレクタングルにして数日なので、そもそもデータとしてはイマイチ(検証できる十分な期間ではない)詳細は下記へ 

【アドセンスの問題】

記事内容と、アドセンスがマッチしていない。

例えば、記事は「電車の内容」だけど…アドセンスが「転職サイト」とか。これに対する対策は、記事そのもののワード選択タイトル選択が重要だと考えます。(要はSEO対策)

【アドセンスの配置が悪い】

これに関してはいろいろあると思いますが、まずは目に止まらなければクリックしてくれないと考えました。そして、そもそも人の視線はどう動くのかということを整理し、自然な流れで目に止まらせることができれば一番いいのではないかと思いましたそこで、この点に関しては人間工学の観点から考えます。

一般的に人間の視線の動きで知られている法則はZの法則とFの法則。

まず、Zの法則から説明します。

これはページの左上から右上、左下…最後に右下という動きです。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20160812211522p:plain

※どうでもいいですが、一生懸命イラスト描きましたよ。

続いてFの法則は左上から右上そしてまた左上から右上最後は左下へという動きです。。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20160812211836p:plain

はい。

以上の法則から考えると、トップもしくは左下が重要なのがわかります。

つまりは、アドセンスもトップ(タイトル下)もしくは、目次下付近に配置することによってクリック率のアップが狙えると考えました。

まとめ

今回の整理で配置を少し変えてみようと思います。そして、また後日検証結果を報告できたらいいなと考えております。

※アドセンスの配置について(今回の記事について)

記事の内容もしくはPC、モバイル等によって全てが当てはまるわけではございません。少しでも、アドセンスで悩んでいる方のお力になれたらと思います。