ナンダのサラリーマンblog

きっとあなたの役に立つ(きっとそうナンダよ)

冷凍庫は時間を止める(凍らせたら永久保存?)

【スポンサーリンク】

どうも僕です。

 

僕の実家は田舎で、

最寄りのコンビニまで車で15分はかかります。

 

本当に山だらけで、さすがに熊は出ませんが、イノシシも出るし、キジも出ます。

 

そんな実家について、

いや、実家というか正確には母親の考え方について、今日は書こうと思います。

 

 

僕の母親は、

何でも冷凍庫に入れます。

庫ではなくて、冷庫ですよ。

 

冷凍庫に入れたら賞味期限関係ないやん。

何年でもいけるわ。

…これが母親の口癖。

 

つまり、

冷凍庫は時を止めるのだと…。

(ザ・ワールド)

 

決して、母親がジョジョを見過ぎているわけでございません。

 

いたって、普通です。

 

あの考えは何なんでしょうか。

うちの母親だけ独特なのかな…。

 

実家には、普通の冷蔵庫の他に、

中型の冷凍庫があります。

(つまり、冷凍庫が2つあるのと同じ)

 

まぁね、僕だって

まったく気持ちがわからないわけでもない。

雰囲気はわかるんですよ。

 

北極とか極寒の地で凍った死体から、

組織を取り出せたとかいう論文を読んだことあるし。

(確か理化学研究所だったと思う)

 

ただ、冷凍の温度・速度と、解凍の方法

この2つが鍵を握っていると思うんです。

 

急速冷凍することで、組織を壊さない。

(冷凍の仕方、冷凍する温度にもよると思いますが)

そして、解凍するときも、組織を壊さないように解凍する。

 

要は組織を壊さなければ、

永久保存も可能だと。

 

ザ・ワールドも可能に!

 

ただ、家庭の冷凍庫では永久保存は無理。

 

うちの母親に冷凍庫の説明をするのはしんどいので、冷凍庫に入っている食材を、気付かないうちに捨ててしまおうと思います。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村