読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンダのサラリーマンblog

どうも南田です。IT会社に勤めるアラサーサラリーマン。

子育てについて思うこと(最近夫婦仲がいいです)

どうも僕です。

1歳になった娘が新しい言葉を覚え始めました。 最近のブームは、「やったー」です。やったーなのか、あったーなのか不明ですが、そんな感じです。  

最近夫婦仲がいいです。別に自慢してるわけではなく、単純によかったなと思います。

夫婦仲が良くなった1番の理由は、お互いのことを理解し、歩み寄ったこと。少し抽象的なので、詳細を書きます。うちは、夫婦共働きです。僕は出張が多く、あまり家にいません。子育ては嫁さんに任せていました。(土日とかはします)

ただ、僕も仕事が忙しく、家では死んだ魚の目をした状態なので、嫁さんも気を遣って子育てしてくれとは言いませんでした。 

そういった『気を遣うこと』によるストレスが溜まり、衝突することもしばしば。 

僕が『気を遣わなくていいから、何かあればすぐ言ってくれ』と言うと、

『なぜ、そうやって受け身なの?』 

嫁さんは、そう言います。子育ては夫婦でするもの。

夫から言う『手伝うから』このスタンスがそもそも間違っていると。

そうなんですよね。 子育てって、夫婦でするものなんですよね。僕は、始めて子供を授かり、それと同時に始めて父親になったわけですが、子育てに対して大きな勘違いをしていたようです。子育ては母親だけがするものではありません。共働きなら尚更。僕は、自分の仕事が忙しいことを言い訳に、大きな勘違いをしていました。 

忙しいのは自分だけじゃない。夫婦というものは、お互いに歩み寄り、お互いを支え合っていかないといけない。言葉で全てを表現するのは難しいですが、お互いのことを理解することが、本当に重要だと思います。

元は、他人なので意見が衝突することは当たり前。けれども、お互いを理解し尊重することで、結果的に子育てにもいい影響が生まれると思うんです。(夫婦仲がいい家庭は、いい子が育つのと同じこと) 

ただ、これから父親になる男性、もしくは、すでになっている男性中心に、少しでも子育てに対する考え方が変わればなと。僕はそう思います。(僕みたいな男性に少しでも届けばいいなと…) 

nantehida.hatenablog.co