ナンダのサラリーマンblog

きっとあなたの役に立つ(きっとそうナンダよ)

定時退社を続けてわかったこと

スポンサーリンク

 

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171104000539j:plain

どうも南田です。

みなさん定時退社してますか?

いや、定時退社できてますか?

今日は僕が定時退社を実践してわかったことがあるのでまとめました。

振り返り

以前の記事で、僕はステロイド服用するから出張禁止!残業禁止!になったと報告しました。そして、定時退社できていない日もありましたが、今週は基本定時退社したんですよ。

 

うちの会社の定時は17時30分なので、そこから片付けし始めて…なんやかんや退社するのは18時くらいです(17時30分〜18時までは休憩時間)

 

そこでわかったことがあります。

定時退社すると言っても、結局帰るのは18時

案外、定時の17時30分になって、すぐ帰るなんてできないんですよね。

17時20分くらいから片付けし始めたらいいんでしょうけど、誰かしらに捕まってしまうし、仕事のキリが悪い時が多い。

意外に、17時30分になったからお疲れ様でした〜!という退社は無理だった…。

 

僕が早く帰ることによって、周りの人間も早く帰っているという事実

以前の記事で、個人商店化を懸念してドキュメント作っているのに、めんどくさいという理由で電話がかかって来るという内容を書いたかと思います。

あれからというもの、定時後の電話は出ないようにしました(トラブルがあった場合は、別手段で連絡がきます)

 

そうすると、僕が出社している時間に相談が来るようになり、退社すると問い合わせできないので諦めてみんな帰る(無駄な工数の削減)

というかこれ、本当にプロジェクトとして終わってるますよね。

 

だいたい、こんなんじゃ僕の実作業が進まないし…終日あれこれ相談されたら、たまったもんじゃない。

 

自分が思っている以上にスケジュールに余裕を持つべき

これは、プロジェクトの工程ごとの作業というより僕の作業です。実作業を切り出して、定時で終わるくらいのボリュームでスケジュールを作っているのですが、先述した通りいかんせん相談が多い。

 

つまりは、普段通りやれば定時内で終わる仕事量なのに、定時で終わらないんですよ…。それなのに仕事と全然関係ないこと聞かされてさ…。

 

先輩:なーなー聞いてや!昨日こんなおもろいことあったんや!

〜5分後〜

先輩:ってなわけよ〜。

僕:へ〜、ほんますか…(なんやそのオチ…全然面白くねーし。だいたい最初に「おもろいことあった」の時点で軽く察したわ)

とかね。

今回は相談+αの時間が想定外だったので、次からはしっかり考慮してダラダラやって丁度いいくらいの作業ボリュームにしたい…。

 

案外みんな体の心配をしてくれていた

体調悪い話は結構広がってて、意外にみんな気を遣ってくれます。アルコール控えた方がいいんじゃない?お昼は体にいいものにしたら?運動してる?とか…。

予想外の展開になんか嬉しかった。

ただ、誰も仕事引き受けようか?とは言わないっすw

まぁいいんです。予想外の優しさにいい人たくさんいるなとしみじみ。(騙されてないよね?)

 

家族と一緒の時間が増えて、体も心も良くなってきている

「病は気から」なんて言葉がありますが、以前は死んだような目をして深夜に帰っていたのが、今週は家に着くのが18時半くらい。

まず、家に帰ると娘が起きているんですよね

これ最高で、一緒にお風呂入れるし、一緒に寝られます。家にいる時間が多いと、風呂掃除や食器洗い、洗濯なども手伝えるので、嫁さんにとってもありがたいらしい。

嫁さんいわく、定時退社した日の「家にいる僕」は元気に見えるらしい。

 

まとめ

定時退社最高!!

最近家に帰りたくないサラリーマンが増えているらしいですが、今の僕には全くその気持ちがわからない。早く家に帰って娘の寝顔を見ながら、のんびりお酒を飲む。

最高じゃないですか!

この定時退社がいつまで続けられるかわからないですが、できればずっと続けられるよう努力したいと思います。

早く定時退社が定着したらいいのにな。