ナンダのサラリーマンblog

きっとあなたの役に立つ(きっとそうナンダ)

【検証】防災グッズって何を何日分準備したらいいの?(防災グッズリストも作成しました)

スポンサーリンク

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161123085739j:image

先日、福島県沖で大きな地震がありましたね?

確か朝の6時頃だったと思いますが、僕はトイレにいました。

 

こんな状況で地震にあったら完全に逃げ遅れるなと感じた朝6時でした。

ということで、今日は防災グッズについて書こうと思います。

みなさん防災グッズ準備してますか?

一応最初にお伝えしますが我が家は準備してます。我が家は三人家族なので三人分です(こんな感じ)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161123085739j:image

はじめに

今回の記事は、先日の地震を踏まえ我が家が適当に購入していた防災グッズを改めて見直すとともに、本来の適切な量の把握、また賞味期限等の準備物の見直しを目的としております(個人的見解を多いに含みます)

防災グッズ(備蓄)は何日分必要なのか?

まず最初に防災グッズの適切な想定準備期間(何日分過ごせる備蓄が必要なのか)です。

 

これは結論から言うと7日分です(多いに越したことはないですが)

 

従来は、災害発生から3日間(72時間)は、消防・自衛隊・行政の活動が救助活動に振り回され生き残った方への支援はそれ以降になるため、3日分が妥当とされていました。

 

ですが、2011年の東日本大震災を受け、被害が大きすぎて3日間では支援を開始できない可能性があると、1週間は自活ができるようにと国の防災会議で発表があったみたいです。 

何を準備したらいいのか?

これについては大きく3つ挙げられます。

・水

・非常食

・防災グッズ

まず水については、総務省防火庁の防災啓発冊子を見ると1人1日3リットル(飲料以外のスープやご飯なども含め)が目安(7日分だとすると3リットル✖︎7日=21リットル)つまりは1人分で2リットルペットボトル11本分。

 

続いて非常食についてですが、おそらく食べられても1日2食。

1人1日2食✖︎7日分=14食分(カップラーメンだけでなく、米や長期保存が可能なレトルト系や缶詰推奨)

 

最後に防災グッズです。これは住んでいる地域にもよりますが、下記をご参照ください。(市販の労災士監修の防災グッズからの個人的な調査です)

 

・懐中電灯

 

・USB携帯バッテリー

 

・LEDランタン

 

・エアーマット

 

・ホイッスル

 

・寝袋

 

・アルミシート

 

・簡易トイレ(必須)

 

・ポンチョ(着替えや授乳、トイレ時用)

 

・軍手

 

・ロープ

 

・レインコート

 

・救急セット

 

・ウェットシート(体拭きにも)

 

・マスク

 

・ヘルメット

 

・FMラジオ

以上です。これだけでも大変な量になりますね。この条件をもとに我が家の適当備蓄セットと比較してみようと思います。

 

前提条件

まず、私が住んでいる地域だと7日間もの備蓄セットは必要ないと考えております。

多いに越したことないですが、海も近くないですし3日間もあれば助けがくるのではないかと…。

ということで今回の前提条件は3日分で比較したいと思います。

 

上記の情報をもとに本来準備すべき3日分の量を算出し比較します(我が家は家族3人なので3人分で考えます)

 

3人家族の3日分として本来準備すべき量

水:27リットル(2リットルペットボトル14本)

※1人3リットル✖︎3日分✖︎3人分

 

非常食:18食分

※1人1日2食✖︎3日分✖︎3人分

 

防災グッズ:適当(我が家分は後述)

準備するとしたら、これだけの量が必要ということになります。

 

我が家にある防災グッズは足りているのか?

さて、いよいよ本題です。

我が家にある適当防災グッズは足りているのでしょうか?

こちらの写真を分解していきましょう。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161123085739j:image

 

水について

まず、水について

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161123085749j:image

我が家は飲料水=28本と生活用水を2リットル5本準備しています(つまりは24リットル)

準備すべき量:27リットル(に対して)

我が家:24リットル

結果:3リットル足りない 

 

続いて非常食について

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161123085815j:image

我が家はカップ麺14個+カロリーメイト2個、コーンフレーク1個、丸缶6個、ドロップ1個を準備しています。

 

準備すべき量:18食分(に対して)

我が家:全部合わせて18食分

 

結果:量的にはOKですが、カップラーメンだけだと栄養が偏るまたは味に飽きるためかならず米を準備した方が良いです。

また米も必ず予備1〜2袋は準備して、保存期間の長いレトルトや缶詰なども豊富に準備しておくとなおよし。

 

最後は防災グッズについて

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161123085821j:image

これは妥当かどうか評価が難しいですが、とりあえず我が家の準備しているグッズを載せます。

・軍手5個

・買い物袋2個

・買い物袋大(ニトリの袋)1個

・ガスコンロ(お湯沸かす用)1個

・マスク18個

・タオル5個

・着替え3日分

・アルミシート1個

・チャッカマン1個

・ウェットシート2個

・懐中電灯1個

あと、地域の防災施設や避難場所を書いている紙(ハザードマップ)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161123090146j:image

結果:携帯バッテリーを忘れていたので、気づいてよかったです。

それと、ガスコンロはあるけどお湯を沸かすための鍋やポットがないことに気づきました(危ない危ない…)

あとはホイッスルとか簡易トイレ、救急セット、レインコートがないので、その辺も必要かなと反省しました(女性は特に簡易トイレがないと心身的なストレスになりかねませんのでご留意ください

 

その他保管について

我が家では、上記のグッズ系は発泡スチロールに入れて格納してます。

そうすることですぐに逃げられますし、この発泡スチロールも雨水利用とか何かと使えると思っております(着替えとかはリュックに入れてます)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161123142225j:image  

ちなみに

今回の防災グッズはすべて自分で揃えました。

もちろん、ネットで1人分✖︎3日分セットというのが1万円程度でありますので、そちらを購入する方が簡単で安心かもしれません。

ただ、その分料金は少し高いかなというのが個人的見解です。今回の量を揃えるのに7千円程度(家族3人分)かかりました(ネットだと3人分揃えるなら3万円)

 

ちなみにネットの商品は下記です。自分で揃える商品の参考として、一度見ておくことをお勧めします。

 

ポイントのまとめ

ポイントをまとめます。

 

Check Points!!

・防災グッズとして準備する適切な量を把握する。

・防災グッズは最低でも3日、できれば7日以上を想定して準備する。

・定期的な見直しを行う(非常食など賞味期限切れる可能性もあるので)

・非常食はカップ麺だけではなく、米やレトルト系も入れる。

大きくは上記の点が重要だと考えます。

特に重要なのは定期的に見直すということでしょうか。

震災にあってから、このグッズ使えないでは意味がありませんから。

念のため防災グッズのリストも載せておきます。

・懐中電灯

・USB携帯バッテリー

・LEDランタン

・エアーマット

・ホイッスル

・寝袋

・アルミシート

・簡易トイレ(必須)

・ポンチョ(着替えや授乳、トイレ時用)

・軍手

・ロープ

・レインコート

・救急セット

・ウェットシート(体拭きにも)

・マスク

・ヘルメット

・FMラジオ 

この機会に皆さんも防災グッズの検討もしくは見直しをお勧めします。

最近では防災グッズのギフトも流行っているみたいなので、もしギフトでお悩みの方がいたら、この機会に防災グッズを贈ってみてはいかがでしょうか?(あなたのことを考えているからこそ贈るギフトになりますよ