読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンダのサラリーマンblog

どうも南田です。IT会社に勤めるアラサーサラリーマン。

結婚式は最高だったけど、ある意味ブルーな1日だったというお話

雑記

どうも南田です。

相変わらず今日も雑記です。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20170115224414j:plain

はじめに

エレベーターに乗って降りるタイミングで1階を押すマナーの件、多数のご意見いただきまして本当にありがとうございました。おかげさまで、あのプロマネの言っていた言葉は時代遅れの大嘘だということがわかり…ひとまず安心しております。

結婚式っていいな

いきなりですが、久しぶりに結婚式に行ってきました。

同期の結婚式だったのですがやはり結婚式って素晴らしいですね。最近歳をとったせいか、涙が出てしまいました。やはり最後の新婦の挨拶は感動しますね。

生まれた当時の写真をプロジェクターで映しながら父への手紙を読む…。

こんなの絶対泣くやつやん。

お涙ポロリ始めました

最近涙もろくなりました。いや、冗談抜きで。

この映画絶対感動するから!と言われた映画を観ても、泣いた記憶なんてない僕でしたが最近は本当に涙が出ます。

先日”はじめてのおつかい”が放送されましたよね。あの最後に出てきた大久保(川崎フロンターレ所属のプロサッカー選手)の子供とのシーンなんて大久保ぉぉぉぉ!お前ってやつはどんだけいい旦那さんなんだぁぁぁ!って泣きましたよ。

父に向けた手紙について

すいません、話を戻します。

やはり結婚式で一番感動するのは娘が父へ手紙を読むシーンだと思うのです。

というのも、僕は娘が生まれてから結婚式で新婦が手紙を読むシーンを見ると自分の娘と重ねてしまいます。

まだ2歳くらいですから、早すぎるのはわかってます!笑

ただ、僕の娘もいずれは手紙を読む時が来るのか…とか。バージンロードを一緒に歩く時が来るのか…などなど。早すぎる妄想をしてしまうのです。

これって、娘がいる父親だったら”あるある”なんですかね…。

もし、家に連れてきた彼氏が僕と同じSEだったらとか…いろんな意味でどうしようかなと考えてしまいます…笑

ということで、ここまでは良かったんです。

せっかく感動したのに式場には…

実は式場にプロマネがいたんですよ…。

これも何かの運命なのか、今日もプロマネが一緒という(事前に式に呼ばれることは知っていました)

別にいるだけならいいのですが、せっかくの結婚式なのに仕事の話をしてくるんです。

金曜の引き継ぎの件で、ちょっと教えて欲しいことがある…って。

明日出社するから、明日話せばいいことを今日話す必要がありますか?(寂しがりやかよ)

せっかく結婚式で幸せな気持ちになっているのに…僕の気持ちを返して欲しい。

余談ですが

余談ですが、帰りに寄った本屋さんで”最高の休息法”という本を手に取りました。疲れが取れない僕にはぴったりじゃないか…なんて思いまして。

3行で書くとこんな感じです。

  • 脳は何もしなくても疲れている(脳を理解する)
  • 脳の休息法が理解できる
  • 疲れない脳を作れる

ここ最近本当に疲れが取れないので、この本を読んで脳を休ませたいと思います…。内容が面白かったらブログでも書きます。

まとめ

ということで結婚式の内容は最高だったけど、プロマネに会ったからある意味ブルーな気持ちになったというお話でした。

ちなみに明日も出社予定なのでプロマネに会います。

明日は荷物整理なので、あまり会話することはないと思ってますが、そのタイミングにでもエレベーターの件言おうと思います(今日はなるべく会話したくなくて、何も言ってません)

せっかく楽しい記事書こうとしたのに…何だかな〜。