ナンダのサラリーマンblog

きっとあなたの役に立つ(きっとそうナンダよ)

100均(ダイソー)商品で魚釣りゲーム(知育ゲーム)を作ってみた

スポンサーリンク

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009151818p:plain

どうも南田です。

今日は子供と一緒にダイソー(100均)にあるもので知育道具の魚釣りゲームを作ったというエントリーです。

魚釣りゲームって高い

僕の娘が魚釣りしたいといいだしたのですが、おもちゃを買おうと思ったら結構な値段しましたw

参考までに僕が買おうと思ったのはこちらです。

この商品2000円です。

僕にとって気軽に購入するのに2000円は高いっす。

ということで、ダイソーに行って作っちゃいましたww

作った魚釣りゲームはこちら

早速ですが、僕が作った魚釣りゲーム(マグネット付)はこちらです。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009152859j:image

どうですかこのクオリティw

最後には娘が釣りするGIFもつけているので、そちらもご覧ください。

魚釣りゲームの作り方

それでは準備物も含め詳細を書いていきます。

 

準備物について

準備物はこちらです。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009153452p:plain

A:割り箸

B:マスキングテープ

C:セロハンテープ

D:布テープ(釣り糸用)

E:クリップ磁石

F:クリップ

※画用紙もあったら、なお良し

上記写真にあるものは全てダイソー(100均)にあるものです。

なんなら、買わなくても家にあるんじゃないかと思いますw

 

作り方について

まずは釣り竿の作り方です。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009145823j:image

割り箸と布テープをくっつければそれだけで釣竿は完成しますが、マスキングテープで割り箸を巻けばちょっとおしゃれになるのと怪我防止になります。

 

あとは割り箸の先端に布テープ(全体写真D)をつけて、クリップ磁石(全体写真E)をくっつければ完成です。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009154658j:image

釣竿は以上です(超簡単でしょw)

 

釣り場と魚について

続いて釣り場と釣り上げる魚についてです。

今回はせっかくなので、娘に書いてもらった魚プリントアウトした魚の2パターンを作りました。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009151159j:plain

左:娘オリジナル

右:プリントアウトした魚

 

こんな感じでみんなで一緒に絵を描きました。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009145836j:image

プリントアウトも綺麗でいいですが、やはり娘オリジナルの方が味があっていいですよね。笑

 

最終的には描いたイラストに準備したクリップ(全体写真F)をくっつけたら完成です。(写真①)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009161705p:plain

プリント(写真右)に関しては、魚の名前を入れることによって釣った魚を覚える勉強になるのでオススメです(写真②)

※このイラストは「アマダイ」です

 

釣り場に関しては、画用紙をくしゃくしゃして4枚横に並べてセロハンテープでくっつけしました。(海感を出したくて水系の色使ってます)

以上で魚釣りゲームの完成です。

魚釣りゲームの完成

 それでは今回完成したものをお見せします。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009145849j:image

釣り場のくしゃくしゃ海感を出していると思いませんか?w

 

ちなみに魚(ペンギン含)に関しては、全部で30枚くらい作ってます。

これを釣り場に並べてみると…

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009152859j:plain

どうでしょうか。

ワイワイしてなかなか楽しそうですよね!

釣ってみた

もちろん作ったからには娘に遊んでもらいます。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20171009192638g:plain

いきなり2枚釣れてますが、かなり喜んでました!!

本当に作ってよかったと思いますよ、これw

ポイント

・子供と一緒にイラストを描くことで、子供の創造性を養えます。

・釣竿(割り箸)はマスキングテープで巻くことで怪我防止になります。

・本物に似た魚をプリントアウトする場合は名前を書いて釣った魚が何か覚えるようにするとより楽しめます。

・魚以外にも様々なイラストで遊ぶことで子供の成長の幅が広がります(魚を数字に変えることで算数もできる

かかった費用

それでは今回の費用時間をまとめます。

割り箸→家にあった

マスキングテープ→家にあった

セロハンテープ→家にあった

布テープ(釣り糸用)→家にあった

クリップ磁石→1つ購入(100円)

クリップ→1つ購入(100円)

画用紙→家にあった

合計:200円(税抜き)

全部を作るまでの時間は3時間くらいでした。

全体的に時間がかからないものばかりでしたが、イラストを描くのが一番時間かかりました。

まとめ

今回のダイソー(100均)商品で魚釣りゲームを作ってみたエントリーはいかがだったでしょうか?

自分でいうのもなんですが、お絵描きするだけじゃなく、その描いたイラストを自分で釣れるなんてどんだけ楽しいおもちゃなんだろうと思いました(自画自賛)

しかも全部で200円ですよ…w

娘もかなり喜んでくれて冗談抜きで楽しかったです。

もし、休日少し時間がある人がいたら、ぜひ作って遊んでみてください!