ナンダのサラリーマンblog

きっとあなたの役に立つ

尿はねで苦労しているみなさん、尿はねゼロにできるって知ってました?(トイレ掃除の回数が減るかも)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161128104036j:image

もう!飛び散っているじゃない!

トイレから出た後、誰かからこんな一言を言われたことはありませんか?

 

男性なら思い当たる部分が多いかと思います…そう、尿はねです。

 

今日はトイレの尿はねについて調べたので記事にしました(後述しますが、女性の尿はねって男性以上に多いんですよ)

はじめに

今回のデータは、以前の「ためしてガッテン」からの引用が多めです。

また個人的感想も十分に含まれており、すべてのご家庭のトイレ(洋式便器)が今回の内容に合致するわけではございませんのでご留意ください。

トイレに長居してしまう

ちょっと話がそれますけど、トイレってついつい長居しちゃいますよね…。

 

で、最近見つけたんですが、女子力が上がる情報満載(ファッション系や料理などの最新トレンド)がすごいんですよ!

 

もし、気が向いたら見てみてくださいね。

 

尿はねの影響

さて本題です。

 

実は尿はねって、床だけが汚れるわけじゃないです。

 

便器の水たまりや壁面にあたった尿は、トイレの「」や「」にまで跳ね返ります。つまりはトイレ周辺の壁、床まで尿が跳ね返っているわけです。

 

また、細かい尿ハネは肉眼ではほとんど見えない為、知らない内にトイレを汚し、放置していると悪臭の原因になります。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180225145518p:plain

 

そこで今回は、尿はね「しにくい場所をランキング形式でまとめました(男性洋式便器にて、おしっこが飛び散った量を計測)

 

ランキング結果は、

  1. 便器をまたいで真上から水たまりを狙う 77滴
  2. トイレットペーパーを水たまりに浮かべる 154滴
  3. 手前の斜面を狙う 277滴
  4. サイドの壁を狙う 293滴
  5. 水たまりを狙う 372滴
  6. 奥の壁を狙う 7550滴 (試してガッテン調べ)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161128104036j:image

(この写真は我が家のトイレです)

ライオンでの調査も同様の結果に

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180225145851p:plain

引用:株式会社ライオン トイレの秘密

 

こちらはライオン株式会社の実験結果ですが一番飛び散りが多い場所は同様の結果になっているのがおわかりいただけると思います。

 

意外にも「奥の壁」を狙うと尿ハネがケタ違いに増えてしまうことがわかります。

つまり「奥の壁」は絶対に狙ってはいけないスポットなのです(僕は横の壁派だった…) 

 

場所以外にも尿はねを抑える方法はある

我が家のトイレはリクシルのトイレです(下記写真)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161128104054j:image

手で触らずに、便座が自動で上がる機能が付いているのでその点は良いと思っていますが、本当はパナソニックの「アラウーノ」が良かったのです。

 

理由はアラウーノなら飛び散り防止用の泡があって、尿はねをかなり抑えられます(ハネガードという泡が出るのです)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180225152855p:plain

引用:トリプル汚れガード | 機能一覧 | トイレ | 住まいの設備と建材 | Panasonic

でも、トイレを丸ごと購入すると7〜8万円してしまいます。

 

高いですよね…。

 

どうにか尿はねを抑えられる泡だけ購入する方法はないのか…。

 

ありました!

これなら1000円くらいで尿はねを抑えられて、ついでに掃除もできます。 

掃除もでき、飛び散り防止泡によって尿はねも抑えれるし一石二鳥です。 

 

さて、話を戻します。

 

一番尿はねが少ないというポイントは理解しました。しかしながらゼロにしない限り「尿はね」はあるわけです。

 

やはり、周辺への影響も鑑みるとゼロがいい。 

尿はねゼロは可能なのか

結論から言うと「可能」です。

ポイントは距離

実は、おしっこは尿道から放出された直後は「ホース状につながった形」をしているのですが、放出されてからの距離が離れれば離れるほど形が「粒状」に変化してしまいます。

 

つまりはおしっこが粒状になり始める距離(平均12cm)よりも近い位置で壁面あるいは水面にぶつけると、尿ハネをゼロにすることが可能なのです。

尿はねゼロへ(リアルでの可能性)

個人差はありますが、壁面あるいは水面との距離が12センチ以下なら尿はねゼロにできるということで、我が家のトイレでシミュレーションしてみます。

 

先ほどご紹介した、我が家のトイレだとこんな感じ。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161128104101j:image

 

横からだと、こんな感じ。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161128104104j:image

ん〜近い!

 

12cmとは、ここまで近いものなのか。

モコモコス泡スプレーを使った上で、この距離に近づいておしっこをすれば尿はねゼロは間違いないでしょうね…。

まとめ

それでは、今回のポイントをまとめます。

 

Check Points

・洋式便器で立ったままおしっこするなら、便器をまたいで真上から水たまりを攻撃すること(モコモコ泡スプレーを使うと、より尿はねを抑えられる

・主砲からの攻撃距離は12cm以下を保つこと。

・尿はねは便器周りだけではなく、周辺も汚れるのでしっかりと掃除すること。

以上です。

 

結果から考えるにおしっこは座ってした方が良いのかもしれませんね(膝を立てるグッズもありましたが、個人的に好きではないので紹介しません) 

 

その他、尿はねが気になる方は下記のようなアイテムを使用する事で、尿はねの汚れを防げます。 

 

このアイテムを使えば男性だけじゃなく女性の尿はねの汚れを防ぐ事が可能なのでぜひお試しください。

 

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20170611160407p:plain

(実は、女性の尿はねって意外に多いんですよ…)

 

 

尿はね防止のモコモコ泡スプレーはこちら