ナンダのサラリーマンblog

きっとあなたの役に立つ

データの復元ならデータリカバリウィザードに決まり!(操作が簡単で無料)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180909131550j:plain

どうも、大切なデータを削除してしまったことのある僕です。

 

みなさんパソコンの作業でデータを削除したことってないですか?

 

今日は家族のデータ(写真や編集した動画)を削除してしまった経験を元に、リカバリソフトを利用してみたので簡単にまとめました。

 

実際に削除した場合はかなり焦っていると思いますが、落ち着いてお読みください(普通に復元できるのでご安心ください

今回利用したソフトと動作環境

今回「データ・リカバリ・ウィザード・フリー」というソフトを使いました。

EaseUS(イーザス)公式サイト|無料データ復元ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard Free

 

容量2G以下のデータ復元なら無料で使えます(この2GBという容量は復元したトータルの容量です。1回の復元できる容量が2GBまでではありません

詳しくは上記HPからご確認ください。

対応シーン

今回のリカバリソフトの対応シーンです。

データの誤削除はもちろん、下記のシーンで使えます。

・誤削除

・フォーマットの誤操作

・パーティションの誤操作

・パソコンソフトの障害

・ハードディスクの物理的な破壊

・間違って工場出荷状態にしてしまった

・ウィルス感染

利用シーンとして多いのは間違ってデータを削除してしまったとか、パソコン起動したらデータが消えてる!なんて時ですかね?

 

使い方によっては中古パソコンのデータ復旧や、元彼や元カノのデータを…なんてことにも使えたりしますが、ルールを守って使いましょう。

動作環境

【Windowの場合】

対象OS:Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7, Windows Vista, Windows XP, Windows Server 2016, Windows Server 2012, Windows Server 2008, Windows Server 2003

CPU: x86系以上

RAM: 128 MB以上

ディスク空き容量: 32 MB以上

【macの場合】

対象OS: Mac OS High Sierra、Mac OS Sierra、Mac OS X 10.11 (El Capitan)、Mac OS X 10.10 (Yosemite)、10.9 (Mavericks)、10.8 (Mountain Lion)、10.7 (Lion)、10.6 (Snow Leopard)

CPU: 1 GHz以上

ディスク空き容量: 32 MB以上

最近のパソコンならそこまで気にしなくてもいいような気がします。

対応可能なデバイスとデータ

今回利用したソフトで利用可能なデバイスはこちらです。

PC/ノートパソコン HDD 外付けHDD USBメモリー RAID
デジタルカメラ ミュージックプレーヤー メモリーカード CF/SDカード iPod
ビデオカメラ ビデオプレーヤー Zipドライブ Microカード ペンドライブ

 

そしてリカバリ可能なデータは下記の種類です。

ドキュメント DOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT/PPTX、PDF、CWK、HTML/HTM、INDD、EPSなど
画像 JPG/JPEG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, CRW, CR2, NEF, ORF, RAF, SR2, MRW, DCR, DNG, WMF, RAW, SWF, SVG, RAF, DWG, ARW, RW2, DCR, KDC, ERF, 3FR, MEF, PEF, SRW, X3Fなど
ビデオ AVI、MOV、MP4、M4V、3GP、3G2、WMV、MKV、ASF、FLV、SWF、MPG、RM/RMVB、MPEGなど
オーディオ AIF/AIFF、M4A、MP3、WAV、WMA、APE、MID/MIDI、OGG、AAC、RealAudio、VQFなど
Eメール PST、DBX、EMLXなど(Outlook、Outlook Expressなど)
そのほか アーカイブ(ZIP、RAR、SIT、ISOなど)、exe、SIT/SITX、HTMLなど

今回の僕のようにパソコンに保存しておいた写真や動画の復元などはだいたいいけます。

 

その他DOCやXLSXも対応なので、ワードやエクセルデータなどの復元も可能です。

実際に使ってみる

それでは実際に使ってみます。

 

今回は大切な画像、動画データを削除してしまったので、そのデータを復元するのを例にします。

リカバリ操作の流れ

ソフトをDL

 ⬇︎

DLしたソフトを実行

 ⬇︎

デバイスをスキャン

 ⬇︎

リカバリしたいデータを選択&実行

 ⬇︎

リカバリ完了

以上です。超簡単でしょw

実際にリカバリしてみる

それでは実際にリカバリしてみます。

 

今回は僕のブログアイコン(png)と以前アクションカメラで撮影した動画(MP4)をリカバリしようと思います。

 

まず、説明をわかりやすくするためにデータを削除するステップから書きます。

※本来ならこの手順はありません。 

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180908164736p:plain

上記のように、僕の大切なブログアイコン写真(png)と動画(MP4)をテストとしてゴミ箱→完全に削除した上でリカバリを実行します。

 

次はソフトをダウンロードします(下記公式HPからDLください)

 

EaseUS(イーザス)公式サイト|無料データ復元ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard Free

 

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180909101123p:plain

お使いのパソコンがMacかWindowsかによってページが違うので、それぞれ選択ください。

 

DLが完了したらソフトを起動します。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180909101933p:plain

DLしたファイルをクリック(もしくはWクリック)します。

 

Macだったらこんな感じになるので、そのまま右へドラッグしてください。

 

※もしOSがインストールされている場所に復元したいファイルがある場合は、パソコンを2台用意し、復元したいデータがあるパソコンを外付けHDDとして認識させましょう。同じ場所に入れるとデータが上書きされてうまくリカバリができない原因の一つになります。

 

※Windowsの場合も流れは同じですが、こちらも復元したい場所にインストールしないようにご注意ください(例えば復元したいデータがCドライブにある場合はインストール場所はDドライブにしましょう。上書きされてうまく動作しない原因となります)

 

そして、完了したらソフトを起動します。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180909102145p:plain

ソフトを起動すると、デフォルトはこんな感じの画面が立ち上がります。

 

無料で使う分にはアップグレードの必要ないので、✖️ボタンで閉じてください(もしアップグレードしたい場合はこの場所にライセンスコードを入力するようになります

 

次はデータを復元する場所(ハードディスクなど)をスキャンをします(データを復元するにあたり、どこに復元したいデータがあるのかソフトに教えてあげます)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180909103812p:plain

今回の場合は、削除したデータはパソコン本体に保存していたので、SSDを指定してスキャンを実行します。

 

〜待つこと30分〜

 

スキャンするデータの容量によりスキャンの時間は異なります。

今回は約60GBのSSDをスキャンするのに30分かかりました。もちろん容量が少ない場合は一瞬ですし、大きい場合は結構時間かかると思いますので少しばかり待ちましょう。

 

スキャンが完了したら、リカバリしたいデータを探しましょう。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180909122314p:plain

【探し方についての補足】

Aで「パス」「種類」「検索」を変えられます。

→パスはフォルダの階層ごとに探せる。

→種類はPngやMP4などファイルの種類別に探せる。

→検索は画像右上Cの窓に「ファイル名」を直接入力して探せる。

 

Bで「リスト表示」「小さい画像プレビュー」「大きい画像プレビュー」をそれぞれ変えられるので、削除してしまった画像はどれだ?と探すのに大変役立ちます。

 

ちなみに念のためゴミ箱にデータがないか確認…。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180909122008p:plain

左はゴミ箱ですが、しっかり削除したはずなのに右側には発見されてますね!(良い意味でもあり、怖い意味でもある…)

 

そして、最後は復元したいデータを選択し画像右上の「今すぐ復元」を押し、復元したい場所を指定して復元したら完了です(動画もしっかり復元されてました)

注意点

今回、ゴミ箱から復元する例をのせましたが間違ってゴミ箱を空にした場合でもゴミ箱を空にしてすぐでないとデータの復元は難しいです。

 

というのも、ゴミ箱を空にすると内部的には「ファイルのインデックス情報が削除されるだけ」であって、ファイル自体はディスクに保存されてます。(インデックスは住所みたいなもの)

 

そして、インデックス情報がなくなった空スペースには他のファイルなどの情報で上書きされる可能性が高くなります。

 

つまり、インデックス情報が上書きされると、復元したくても復元できない可能性が非常に高くなるのです。

その他の便利な使い方

今回の「データ・リカバリ・ウィザード・フリー」ですが復元するのは2GBまでの制限がありますがスキャン自体に制限はありません。

 

この機能を利用すると、パソコンやハードディスクを売却する際にしっかりデータが削除されているかの確認に非常に有効です。

 

実際、悪意がある物に簡単に削除したパソコンやハードディスクを渡してしまうと非常に危険なので、万が一のためにしっかりとデータを削除した状態で売却しましょう(ログ情報なども復元できるので、知識がある物に渡すと…)

まとめ

今回のデータリカバリー記事はいかがだったでしょうか?

 

実際に使ってみた感想は思った以上に操作が楽勝だなと思いましたが復元したディスクと実際にソフトをインストールする場所を一緒にしないようになど少々注意点もあるので、そのあたりを気をつけてもらうと誰でも扱えるのではないかと思います。

 

また、無料機能だけでもデータがしっかり削除されているかのチェックができるので、そういった使い方としても有りかなと思います。

 

他には、実際にパソコンが壊れたとしてもパソコンをもう一台準備することで外付けHDDとして認識させればデータの復旧なども容易だと思うので、いろんな使い道ができるかなと思います。