(仕事どう?)社内SEに転職して2年が経過した

転職して2年が経過した…

転職して2年が経過したので良かったことなどまとめました

どうも、転職して2年が経過したサラリーマンの僕です。

今日はシステムエンジニアから社内SEに転職して2年が経過したので、2年経って状況がどう変わったかをまとめました。

現在社内SEに転職を検討中の方に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

社内SEに転職する前の話

僕はもともとシステムエンジニアとして働いていました。

システムエンジニアと言ってもいろんな人がいますが、僕の場合はフロント系なのでお客さん先に行ってシステムの説明したり、システムの設計したりしてました。多少プログラムを書くこともありましたが、がっつり書くことはなくその辺りは基本的に外注してましたね。

で、炎上プロジェクトに参画したこともあって、労働環境としてはクッソブラックで、毎日深夜0時くらいまで働くのは当たり前、徹夜も普通にあるような働き方してました。

今考えてもあのプロジェクトは本当にえげつないプロジェクトだと思います。まぁ実際何人か会社来なくなった人もいるくらいでしたから。

で、このままずっと働いてたら体調崩しそう(実際には体調崩したけど)、有名な人も「健康は金で買えない」って言ってたし「将来が不安だな」と考えて転職を決意しました。

なぜ社内SEなのか

そもそも、システムエンジニアってしんどいイメージありますよね?システムエンジニアというか、IT系ってどうしてもしんどそうなイメージがあると思います。

実際は会社によるし、そのプロジェクトや業界によっても全然違います。病院系や自治体、小売、製造などなど、システムエンジニアと言ってもいろんな業界があるので一概にブラックな環境ではなくホワイトな環境もたくさんあります。

でも、転職する先がシステムエンジニアなら、プロジェクト変えればよくない?

まぁこう思うわけです。

幸い、前にいた会社は大手だったので給料はそこそこ貰えてました。おそらく同年代に比べても割ともらってた方だと思います。

で、いろいろ考えた結果…。

「もうバリバリ働くのはしんどい」、「いずれ年齢的にしんどくなって転職を考えるのならば、若いうちに転職した方が良いかもしれない(中堅になるとプロジェクトの責任が大きくなってやめづらくなるし)

と、思い転職を決意しました。

そして、社内SEってそこまで頑張らなく良さそうで、そこまでしんどくなさそうなイメージ(要はち丁度良さそう)と思って社内SEにしました。笑

実際に社内SEに転職してみて

一言でいうと「社内SEは丁度いい」です。

社内SEに転職して2年が経過しましたが良かったポイントは下記です。

  • 残業が少ない(10h〜30h)
  • 仕事にそこまでの緊張感がない(社内なので)
  • 社内なのでセキュリティ的にも多少ゆるい
  • 納期がゆるい(スケジュールが超余裕)
  • 問い合わせの内容が多少ゆるい(印刷できない、パソコンの入替など)

僕が入った会社だからかもしれませんが、残業は平均しても10〜30h(多い時で40)くらいで社内のシステム構築なのでそこまでのプレッシャーはなく、本当に丁度良い感じで毎日を過ごしてます。

入社した時は覚えることが多いのと、人間関係の再構築でストレスが結構ありましたが、もう2年が立つと「慣れ」というのが素晴らしく効いてきます。

普通に定時に帰れる日も多く、多少やりこみたいことがある場合は残業も許されるし、自分で好きなことを開発(何かの効率化に繋がるなら)何でもやっちゃってOKみたいな感じです。

雑務はあまりない(仕事内容)

入社してみてのギャップの一つかもしれませんが、社内SEっていろんな雑務をしなくちゃいけないイメージがありました。病院で働く院内SEなども転職先の候補にしたことがあって、プリンタの設定やパソコンのちょっとした設定なども頻繁に発生する話を聞いてましたから。

でも実際は普通に社内システムの開発がメイン(多少パソコンの設定などもあります)

毎日プログラム書いたり、システムの設計したりしてます。しかもスケジュールに超余裕がある。笑

社内SEの立ち位置は同等

他にも転職先を社内SEにするにあたり「会社での立ち位置」は気にしてました。

やはりお金を稼いでくる人たちって会社から大事にされると思いますが、裏方の人たち(いわゆるスタッフ)って多少なりとも肩身が狭い思いをするのかなと思ってたのですが、別にそんなこともなく、みんな普通です。

僕が転職した会社だからかもしれませんが本当によかったと思ってます。

中途者は即戦力

中途は即戦力とよく聞きますが、「やはり中途の人間は即戦力になる武器が必要」だと僕も思います。僕の場合はプログラミングのスキルというよりかは、システム構築のスキルでどうにか戦えたと言った感じでしょうか。

システムエンジニアだった人間なら多少なりともロジカルな考え方自体はできてるので、プログラミングに関しても入りやすかったと多います。

それ以外にもこういったブログなどでhttpなどを目にする機会が多かったのも良かったのかもしれません。

社内SEに転職して2年が経過した話まとめ

結局の話、早めに転職を決断して本当に良かったと思ってます。

最初の一年は本当に慣れないことも多かったのと金銭的に厳しいことも多かったですが、今は毎日平凡な毎日を過ごしています。

平凡な毎日って最高ですよ。

開発も基本的にスケジュールに余裕があり、明日までやって!!なんてことはありませんから。笑

他にも、家族との時間が多く取れるようになったので、みんなで出かける機会が増え、家族みんながハッピーになったと感じてます。

今現在転職を検討されている方は、本当に悩むことが多いとは思いますが、何を優先するかを考え決断して欲しいです。

コメント