【転職活動】ライフプランナーへの転職について(プルデンシャル、ソニー生命の話)

仕事・転職

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161004150040j:plain

どうも絶賛転職活動中の僕です。

今日はライフプランナーへの転職についてのエントリーです(プルデンシャルとソニー生命のいろんな話を聞いたので少しまとめました)

スポンサーリンク

はじめに

以前、僕はライフプランナーへ、ヘッドハンティングされたと記事にしました。

結局僕の中ではライフプランナー側への業界にはいかないと結論を出したのですが、 先方からまぁそうは言いながらも、役員の話と先輩社員の話だけでも聞いて欲しいと連絡があったので少しだけ話を聞いてきました(美味しいご飯あるっていうからさw)

これが俗に言う接待というやつか(違うかも)

結局のところ、もうめんどくさいので名前出しますがプルデンシャルソニー生命からお声かけ頂いております。

どちらも説明を聞くかぎりは、風通しが良さそうな会社だなと思いました。

スポンサーリンク

プルデンシャルとソニー生命について

参考までに両方(プルデンシャル、ソニー生命)の会社説明を受けた雰囲気を少しだけ書きます(僕の個人的な感想です)

プルデンシャル

一言でいうと:来るならおいでよスタンス 

外資だからなのかよくわかりませんが、社員さんは僕仕事できます!という感じの雰囲気を感じました(本当に仕事できるかは知りませんw)

簡単に言うと上から目線な感じ(僕個人的な感想です)

ソニー生命

一言でいうと:一緒に保険業界を変えましょうスタンス(アットホームな雰囲気) 

一緒に頑張ろう!という仲間意識が高いというか、個人もそうだけど、みんなでスキルアップしていこう!という雰囲気でした。

どちらかというと僕はこちらの方が好きかな…

共通なことは仕事にあつい人が多いということ 。

スポンサーリンク

保険を売るって大変

結局のところライフプランナーとして生活していくには保険を売らないといけません。

周りにいろんな話を聞くと、まずは新人研修でみっちり保険の大切さを学び、そしてこんなに大切な保険ならみんなに入ってもらうべきだ!という売り込みを行う…。

要は洗脳に近いです(僕個人の感想です)

続いては、自分の電話帳の身内含むすべての人に電話しよう!

はい、目標100件!

無理なら新規開拓行ってみよ〜!

それでも売れないならどうすればいい?自分のプレゼンを見直してみよ〜! などなど…。

みんな必死なんですよね。だって、保険が売れないと収入0ですからね。

そりゃ仕事にあつくもなりますよ(ハイリスク、ハイリターン)

スポンサーリンク

でもお金は欲しい

ライフプランナーの方々って年収1000万以上もゴロゴロいるらしいです。

ただ、僕が必要としていることは違う。

お金は欲しい。欲しい。欲しいな〜。

いや、ほんと欲しい。

でも、僕が欲しいのは家族との時間。

ライフプランナー(プルデンシャル、ソニー生命なら)年収1000万以上も夢じゃないっていうけど、それって保険をどんだけ契約しないといけないの?個人相手のアポなら基本土、日にアポイントとりますよね。

つまりは、自分の家族との時間が削られる。

それって、ライフプランナーに転職する意味あるの?

と、まぁ…結局はここですね(メキシコの漁師と億万長者の話を思い出した…)

最終的に年収が1000万以上になったとして、僕は何年の時間を捨てればいいのか。

1000万円以上になったら何か変わるのかな…。家族との時間が増える?いやいや、お客さんとの時間が増えるだけでしょ。

とまぁ、こんな感じで超冷めた目で説明を聞いておりました。

もちろん、僕の隣には俺も1000万以上欲しいぜ〜!生命保険てすげ〜! という人もいましたよ(周りの人と雑談した感じね)

説明してくれる人も、元野村證券とか、元都銀とか。まぁ色々優秀な人を揃えてくるんですよ。

スポンサーリンク

ライフプランナーへの転職まとめ

ということで、いろんな話を聞きましたが、結果的に僕の結論は変わらず!

もしライフプランナーに転職しようと考えている人がいたら、何のために転職したいのかもう一度考えてみてください。

ライフプランナーになるにはそれ相応の覚悟が必要です。

今回は僕にはその覚悟がなかった…ただそれだけの話です。

コメント

  1. cloise より:

    こんにちは!
    その判断は、正しいです。
    まだ父が下っ端だった頃、仕事が凄く忙しくて(接待が忙しいの方が正しいか?)家には寝に帰るだけだった所為か、小さい頃3~4歳位までは私は父の事を、時々家に来るオジサン?と言う認識だった様です。
    それ位、家族との時間は失われます。

  2. nadanonadanotamenonadaniyoru より:

    syaoruuさん
    お疲れ様です。
    そうですよね〜!やはり、時間なくなりますよね〜。本当そうだと思うんですよ〜w
    今は子供と過ごしたいので、時間がなくなるのだけは避けたいんです!!