MENU
カテゴリ

Baseus:PD 充電器レビュー!持ち運び簡単で使い勝手が良いコンパクトな電源タップ

  • URLをコピーしました!

どうも、痒いところに手が届くガジェットを発見した僕(@nantehida03)です。

今回は世界最小の急速充電機能付き電源タップ(Baseus PD 充電器)をレビューしました(Baseus社より商品提供)

小ぶりで手のひらに収まるサイズの電源タップだったので持ち運びも簡単で、何よりハイスペックな電源タップでした。

Baseus:PD 充電器6-IN-1の簡単まとめ

手のひらに収まるコンパクトさで外出時でもデスク上でも活躍する電源タップ。本体が熱くなりにくい高温耐熱素材なのでそういった面も安心できる(これは買いです)

【PD 充電器6-IN-1の特徴(スペック)】
  • 6台の機器を一気に充電可能(急速充電機能搭載)
  • 小型でコンパクト(約97 × 41 × 38 mm)
  • 2つのUSB-Cポートと2つのUSB-Aポートや2つのACコンセント差込口を搭載
  • PD65W/AC1250Wの出力
  • ほこり防止シャッターつき
  • 1年間の保証付き
  • iPhone12 iPhone13シリーズやiPad、MacBook、Apple Watchなどにも急速充電が可能
Baseus PD 充電器
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 6台の機器を一気に充電可能(最大65Wの高出力)
  • 小型でコンパクト(約97 × 41 × 38 mm)
  • AC・DCに特製した独立の冷却システム
  • 本体が熱くなりにくい
デメリット
  • 少し重い(約360g)
目次

Baseus:PD 充電器レビュー

それでは、今回のPD 充電器6-IN-1をレビューしていきます。

BaseusのPD 充電器はサイズ感がコンパクトで、このサイズ感なら持ち運びも簡単ですし、デスク周りもとてもスッキリします。

コンパクトでもハイスペック

詳細は後述しますが、これならカフェや図書館で作業する人やデスク周りにこだわりがある人にも重宝すると思います。

僕の場合はデスク周りがスッキリしましたし、コロナ禍でいろんな場所で作業することがあるのでこのBaseusのPD 充電器があると電源がこまりません。

電源タップに見えないデザインで、とても助かっているアイテムの一つです。

コンパクトで急速充電機能付きのタップが必要ならまじでおすすめ

僕が使ってみて感じた魅力は「コンパクトなサイズ感で持ち運びが簡単」と「急速充電機能」という、この2つです。

Apple Watchと変わらないサイズ感

何より、このコンパクトさは非常にメリットが大きいです。

サイズ感的にはアップルウォッチとほぼ変わらないサイズ感なので、持ち運びが楽。

しかもこのサイズ感で「2つのUSB-Cポートと2つのUSB-Aポート、2つのACコンセント差込口」+「急速充電機能」搭載なので、多機能すぎます。

自宅で使うのはもちろんのこと、外出時に持っていくマストアイテムの一つになりました。

Baseus:PD 充電器6-IN-1のスペック

今回レビューしたPD 充電器6-IN-1の特徴はこちらです。

【PD 充電器6-IN-1の特徴(スペック)】
  • 6台の機器を一気に充電可能(急速充電機能搭載)
  • 小型でコンパクト(約97 × 41 × 38 mm)
  • 2つのUSB-Cポートと2つのUSB-Aポートや2つのACコンセント差込口を搭載
  • PD65W/AC1250Wの出力
  • ほこり防止シャッターつき
  • 1年間の保証付き
  • iPhone12 iPhone13シリーズやiPad、MacBook、Apple Watchなどにも急速充電が可能

商品自体の価格がそこまで高くないのにハイスペックなので、そういったことも人気がある要因の一つだと思います。

PD 充電器6-IN-1のよかった点、いまいちだった点

Baseus PD 充電器
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 6台の機器を一気に充電可能(最大65Wの高出力)
  • 小型でコンパクト(約97 × 41 × 38 mm)
  • AC・DCに特製した独立の冷却システム
デメリット
  • 少し重い(約360g)

よかった点の詳細

まず、このサイズ感で「2つのUSB-Cポートと2つのUSB-Aポートや2つのACコンセント差込口」を搭載している点、このスペックはやばいです。

前面部分には「2つのUSB-Cポートと2つのUSB-Aポート」があり、側面部分に「2つのACコンセント差込口」が搭載してます。

前面部分
側面部分

まじでこのスペックはすごい。それぞれのポートが2つずつあるので6in1(すごすぎですわ)

複数ポートの電圧についてはこちらをご覧ください。

USB-A1はワイヤレスイヤホン、スマートウォッチ等の小型デバイスやウェアラブル機器専用の低電流ポート

試しにType-Cでモバイルバッテリーを充電してみましたが、最大60W(20V/3.25A)で給電できるとはいえ、給電するデバイス側の規格がMAXとなります。

Type-Cで約18W

つまりは、上の通り電源タップ側は最大60Wで送ろうとしても、貰う側が18W分しか受けられない場合は、18Wとなるわけです。

もちろん、60W受けられるデバイスで試してみるとこの通り60Wで給電してくれます。

60Wで給電することを確認

思わぬ事故(火事など)になっても行けないので当たり前の話にはなりますが、最近は急速充電に対応しているデバイスも増えているので、最大60Wという規格の電源タップがあると便利ですね。

いまいちだった点の詳細

コンパクトでサイズ感も素晴らしく全体的に満足してますが、少し重いです。

ただ、外出時は基本的にバッグに入れて持ち運ぶと思うので、そこまで気にはなりません。

少し重い

通常の電源タップを持ち運ぶ場合はもう少し重たいと思うので、その辺りは外出時に何の電源(入力)が必要あるか判断した上で持ち運べばOKだと思います。

ちなみに、iPhone12、Apple Watch、AirPodを合わせると同じくらいの重さです。

例えば、Type-CやType-Aだけで問題ない場合はこういった急速充電対応のアイテムもあるので、その辺りは上手に使い分けましょう。

同梱物

PD 充電器6-IN-1の同梱物はこちらです。

同梱物
【PD 充電器6-IN-1の同梱物】
  • PD 充電器本体(コードの長さ1.5m)
  • Type-Cケーブル1本
  • 説明書
Type-Cケーブルが1本付属

同梱物は至ってシンプルです。Type-Cケーブルが1本付属しているのは嬉しいですね。

サイズ感

サイズ感はご覧の通り、手のひらに収まるサイズ感です。

約97 × 41 × 38 mm

サイズ感

非常にコンパクトで、これだと持ち運びもかさばりません。

参考までにApple Watchと重ねてみましたが、ほぼ同じサイズ感です。

アップルウォッチとほぼ同じ

このサイズ感であのハイスペックですからね。

これは家に1つあると何かと(災害時にも)便利な電源タップなのは間違い無いです。

実際にデスク上で使ってみた

実際に自分のデスク上で使ってみました。

基本的にデスクの上はスッキリさせたいタイプなので、あまりモノは置きません。

ましてや電源タップなんてかさばるので絶対デスク上は嫌なのですが、このPD 充電器6-IN-1はコンパクトなのでここまでスッキリ見えます。

デスク上にタップがあってもスッキリ見える

デスク上に電源タップがあることで、どのガジェットの電源が無くなってもすぐに充電をすることができます。

もちろん、iPhoneやiPad、MacBookも簡単に充電することが可能です。

ちなみに、これはキーボードを充電しているのですが、短いケーブルを使うことにより、さらにデスク上をスッキリ見せることができます。

短いケーブルで充電する

リモートワーク含めデスクで作業する場合、デスク上の環境をスッキリさせることは重要です。

デスク上でもかさばらない

そう考えると、デスク上でも外出時でも使えるPD 充電器は非常に使い勝手がいいことがわかるかと思います。

Baseus:PD 充電器6-IN-1がおすすめな人

今回レビューしたBaseus:PD 充電器がおすすめだと思う人はこちらです。

【おすすめな人】
  • 急速充電機能付きの電源タップが欲しい人
  • ガジェットが多い人
  • デスク上を綺麗にしたい人
  • 外出先に割と多めの電源が必要な人

家に1つあると便利な電源タップなのは間違いないです。

Baseus:PD 充電器6-IN-1まとめ

今回レビューしたBaseus:PD 充電器をまとめます。

Baseus:PD 充電器
【PD 充電器6-IN-1の特徴(スペック)】
  • 6台の機器を一気に充電可能(急速充電機能搭載)
  • 小型でコンパクト(約97 × 41 × 38 mm)
  • 2つのUSB-Cポートと2つのUSB-Aポートや2つのACコンセント差込口を搭載
  • PD65W/AC1250Wの出力
  • ほこり防止シャッターつき
  • 1年間の保証付き
  • iPhone12 iPhone13シリーズやiPad、MacBook、Apple Watchなどにも急速充電が可能
Baseus PD 充電器
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 6台の機器を一気に充電可能(最大65Wの高出力)
  • 小型でコンパクト(約97 × 41 × 38 mm)
  • AC・DCに特製した独立の冷却システム
  • 本体が熱くなりにくい
デメリット
  • 少し重い(約360g)

とても使い勝手がよく、一般的な電源タップと違ってデザインもスタイリッシュです。

ガジェットが多いブロガーやデスクワークする人にとっては1つあると重宝すること間違いないアイテムかと思います。

いろんな充電も試してみましたが、本体が熱くならなかったのでそういった面でも安心できる電源タップでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次