MENU
カテゴリ
サイト公式LINEアカウント登録でお得なクーポン情報あり

【決定版】リビングにプロジェクターを置くなら「JMGO O1」がおすすめ

  • URLをコピーしました!

どうも、プロジェクターがある生活は最高だと思っている僕(@nantehida03)です。

今回は我が家が映画館に早変わりする短焦点レーザープロジェクター「JMGO O1」をレビューしました(気になり過ぎてGlimpseからお借りしました)

今回の短焦点レーザープロジェクターは、壁から24cm離すだけで80インチの大画面に映像を映せるハイスペックな短焦点プロジェクターでした。

短焦点プロジェクターJMGO O1の簡単まとめ

壁から近くても安心!一人暮らしでも部屋が映画館になる短焦点プロジェクター。リビングに置いてTV代わりに使えてゲームも盛り上がるプロジェクターの決定版。

【短焦点プロジェクターJMGO O1の特徴(スペック)】
  • 800ANSIルーメン
  • フルHD(1080p)
  • プロジェクター単体で主要なVODに対応している
  • 短焦点(壁から24cmで80インチ)なので部屋が狭くてもOK
  • 低遅延モードでゲームもプレイ可能
  • 7Wのスピーカー2機搭載
  • 台形補正機能あり
短焦点プロジェクターJMGO O1
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 短焦点なので部屋が狭くても大画面で見れる
  • 7Wのスピーカーの迫力が凄い
  • 独自OS(Luna OS)が使いやすい
デメリット
  • 少しサイズが大きい
目次

短焦点プロジェクター「JMGO O1」レビュー

それでは、今回の短焦点プロジェクター「JMGO O1」をレビューして行きます。

短焦点プロジェクター「JMGO O1」

JMGO O1詳細

JMGO O1のスペック

今回レビューしたJMGO O1の特徴はこちらです。

【短焦点プロジェクターJMGO O1の特徴(スペック)】
  • 800ANSIルーメン
  • フルHD(1080p)
  • プロジェクター単体で主要なVODに対応している
  • 短焦点(壁から24cmで80インチ)なので部屋が狭くてもOK
  • 低遅延モードでゲームもプレイ可能
  • 7Wのスピーカー2機搭載
  • 台形補正機能あり

※本レビューの内容は掲載時のものです。アップデート等により、ソフトウェアの仕様が変更になる場合があります。

お値段が10万円を超えますが、その分納得できるレベルのスペックです。

14インチのノートパソコンくらいのサイズしかないのに、超短焦点で壁からわずか24cm離すだけでフルHDの80インチ大画面で投影できます。

超短焦点

つまり、壁との距離が24cm以上あれば十分パフォーマンスを発揮してくれるのです。

しかも、短焦点プロジェクターだと壁からの距離が短く、光を遮りにくいため非常にメリットが大きいです。

24cmというと一般的なテレビ台に置ける距離なので、リビングにテレビの代わりにプロジェクターを置くことも可能です。

ちょっとしたリビングのスペースなど、プロジェクターを常設するのにも相性が良いんですよね。

映像が綺麗で音の迫力が凄いため、リビングにプロジェクターが欲しいなと思っている人との相性がバッチリ

プロジェクター単体で主要VODに対応している

プロジェクターって、見たいアニメや映画を見るのにFire TV StickやGoogleキャストなどが必要だと思ってませんか?

プロジェクター単体で主要VODに対応

JMGO O1は違います。単体で下記の人気VODが見れます。

【対応VOD一覧】
  • YouTube
  • Amazonプライム
  • DAZN
  • Netflix
  • U -NEXT
  • ABEMA TV
  • TVer

など

つまりは、自宅のネットに繋げば、あとはプロジェクター単体で好きなアニメや映画が観れるというわけです。

これは非常に便利ですよね。

同梱物

短焦点プロジェクター「JMGO O1」の同梱物はこちらです。

同梱物
【短焦点プロジェクター「JMGO O1」の同梱物】
  • プロジェクター本体
  • リモコン
  • 電源コード
  • 取扱説明書

付属品含め、同梱物はとてもシンプルです。

外観やサイズ感

外観は独特な外観で、少し丸みがあるデザインです。

ただ、このデザインも部屋のおしゃれなインテリアの一部になるようこだわりがあります。

独特な外観

せっかく寝室やリビングに置くなら、デザインもおしゃれで洗練されていた方がいいですよね。

背面

背面には中央に三脚を取り付けられる穴があります。

背面には三脚を取り付けられる穴

机にプロジェクターを置いて固定するだけでなく、三脚で角度をつけることで好きな角度で投影することが可能です。

この辺りは、部屋のどの場所で使うかによって使い方が変わりそうですね。

サイズ感と重さ

サイズ感と重さはこちらです。

僕が使っているMacBook Air M1と比べてみましたが、だいたい同じくらいのサイズです。

サイズ感:308×236×98mm 重さ:2.3Kg

サイズ感

非常にコンパクトです。

大人1人でも簡単に持ち運べ、これで80インチの大画面に投影可能で7Wスピーカーを2機積んでます。

ちなみに、高さはこのくらい(98mm)です。

高さ

高さはiPhone12を横に置いた高さの1.5倍ほどはあります。

ただ、それでも非常にコンパクトです。

インタフェース

そのほか機器接続(インターフェース)はこちらです。

インタフェース

LANポートがあるので有線接続が可能ですし、HDMIを使えばNintendo Switchとだって接続できます。

低遅延モードがあるので、ゲームだって問題なくプレイできます。

昼間からスプラトゥーン3をプレイ

自宅に友達を呼んだりしてみんなで大乱闘やスプラトゥーンをプレイすると盛り上がること間違いなしです。

やはり、大人数でゲームをするなら自宅のリビングで大画面で投影したいところですね。

短焦点プロジェクター「JMGO O1」のよかった点、いまいちだった点

短焦点ロジェクター「JMGO O1」のよかった点、いまいちだった点を見ていきます。

「JMGO O1」のよかった点、いまいちだった点
よかった点いまいちだった点
短焦点なので部屋が狭くても大画面で見れる
7Wのスピーカーの迫力が凄い
独自OS(Luna OS)が使いやすい
少しサイズが大きい
よかった、いまいちだった点

一番良かったのは部屋が24cm以上あれば80インチに投影できる短焦点というポイントです。

この距離であればリビングのテレビ台に設置してリビングのテレビ代わりに使うこともできます。

我が家の場合は地上波をあまり見ない(基本的に録画かストリーミング再生)でしかテレビを使わないため、十分パフォーマンスを発揮してくれます。

プロジェクターの起動自体も早いのでストレスなく通常利用できます。

良かった点

短焦点なので部屋が狭くても大画面で見れる(リビングでも使える)

JMGO O1なら部屋が狭くても大画面で投影できます。

しかも、映像が綺麗なのでスクリーンなしでも十分クリアに見えます。

一人暮らしで住む6畳やリビングでも十分楽しめますし、大きなテレビと違って荷物が小さいので移動も楽です。

最近のテレビは大きいものだと10万円くらいはするので、その価格を考えるのであればJMGO O1をリビングに設置してテレビの代わりにするのもありだと思います。

部屋が狭くても大画面で見れる

通常利用だと地上波が見れないので、地上波をどうしても見たい場合は何か考える必要がありますが、我が家のようにVODでもOKという場合は全然問題ありません。

むしろ、アマプラやNetflixで映画やアニメを大画面で見ることができて、より生活が捗ります。

7Wのスピーカーの迫力が凄い

JMGO O1はスピーカーの迫力が凄いです。

JMGO O1はスピーカーの迫力が凄い

なんと、数々のカーオーディオで採用されるデンマークの高級オーディオメーカーDYNAUDIO(ディナウディオ)のチーフ・アコースティック・エンジニアがチューニングしたパワフルな7Wスピーカーを2基搭載しております。

このスピーカーであれば、外付けスピーカーが不要なレベルです。

独自OS(Luna OS)が使いやすい

JMGO O1には独自OS「Luna OS」が入っています。

JMGO O1には独自OS「Luna OS」がある

他にも対応しているVOD(一部)はこちらです。

【対応VOD一覧】
  • YouTube
  • Amazonプライム
  • DAZN
  • Netflix
  • U -NEXT
  • ABEMA TV
  • TVer

など

動作もそこそこ軽いので、特に問題なく使えます。

いまいちだった点

少しサイズが大きい

基本的に大満足しているのですが、できればもう少しサイズが小さければいいなと思います。

もう少しサイズが小さければ

リビングに置く場合はテレビ台に置くのでそこまで邪魔にはなりませんが、できればB5サイズくらいならさらに満足できました。

どうしてもサイズが気になる場合は天井から吊り下げるとサイズが気にならなくなります。

Anker ネビュラカプセル2とJMGO O1の比較

せっかくなので「JMGO O1」と「Anker ネビュラカプセル2」を比較しました。

「JMGO O1」は価格が12万円程度で、「Anker ネビュラカプセル2」は7万円程度と、6、7万円程の価格差があります。

ポータブルプロジェクター(持ち運び向け)と短焦点(部屋に常設)のイメージなので、単純に比較することは難しいですが、それぞれ感じたことをまとめました。

「JMGO O1」「Anker ネビュラカプセル2」を比較

Anker ネビュラカプセル2の詳細はこちらでまとめております。

スペック比較

まずは、「JMGO O1」と「Anker ネビュラカプセル2」のスペック比較です。

項目JMGO O1ネビュラカプセル2
価格129,800円(税込)69,990円(税込)
解像度1920×10801280 x 720
明るさ800 ANSI ルーメン200 ANSI ルーメン
スピーカー7W×28W
内蔵バッテリー×
バッテリー起動×最大3時間
焦点距離
(80インチ)
壁から24センチ壁から約2m
OS独自OS(Luna OS)Android TV 9.0
スペック比較

そもそも、どの部屋でプロジェクターを使うかにもよりますが、リビングでどっしり使う場合は「焦点距離」と「音の迫力」が重要だと考えます。

そういう意味では、JMGO O1はリビングや寝室で使うにはバッチリのプロジェクターなんですよね。

投影距離比較(距離比較)

それぞれのプロジェクターで、焦点距離はどのくらい違うものなのでしょうか。

実際にそれぞれの「JMGO O1」と「Anker ネビュラカプセル2」のプロジェクターを同じ場所に置いて投影画面を比較してみました。

投影距離について(距離比較)

壁から30センチほど離した場所にそれぞれのプロジェクターを置いてみましたが、一目瞭然ですね。

流石に「JMGO O1」は短焦点だけはあります。

壁からちょっとしか離していないのにこの大画面。

左側の「Anker ネビュラカプセル2」は小さい小窓くらいなので、これが一般的なプロジェクターというところでしょう。

短焦点だと壁までの距離が短いので、光を遮るものがないのが非常に良い。これならリビングのテレビ台での利用も可能。

明るさ(ANSI ルーメン)比較

続いては明るさ(ANSI ルーメン)について比較しました。

「JMGO O1」は800ANSI ルーメンで、「Anker ネビュラカプセル2」は200ANSI ルーメンです。

同じ部屋の明るさ(日中)の時間帯にそれぞれプロジェクターをつけてどのくらい見やすいか比較してみました。

※投影サイズを同じにして比較

明るさ(ANSI ルーメン)比較

結果はご覧の通りで「JMGO O1」の方が映像がはっきり投影されているのがわかるかと思います。

「JMGO O1」は、さすがに800ANSI ルーメンあるので綺麗に投影されました。

このくらいはっきり投影できるのであれば、日中にリビングでプロジェクターを利用するのも問題ありませんね。

スピーカーについて

最後はスピーカーの違いを比較してみました。

「JMGO O1」は7W×2で、「Anker ネビュラカプセル2」は8W1つです。

実際に同じ動画を再生して比較してみましたが、やはり圧倒的に「JMGO O1」の方が迫力がありました

「JMGO O1」の方が迫力がある

「Anker ネビュラカプセル2」もそこそこ音がいいなと思っていましたが、そもそもスピーカーの数が違うので全然迫力が違います。

リビングでのスポーツ観戦やゲーム、映画も盛り上がること間違いなしです。

Anker ネビュラカプセル2とJMGO O1の比較まとめ

価格が6、7万円違うだけにスペックの差もそれなりにありますね。

自宅の中で省スペースで大画面を映したい場合は、「JMGO O1」の勝利ということがわかりました。

主要なVODもプロジェクター単体で見れるので、便利なサービスを使いおうち時間を快適に過ごしたいですね。

短焦点プロジェクター「JMGO O1」がおすすめな人

JMGO O1なら省スペースで済むので狭い場所でも十分パフォーマンスを発揮できます。

【短焦点ロジェクター「JMGO O1」がオススメな人】
  • あまり場所がない部屋にプロジェクターを設置したい人
  • リビングや寝室にプロジェクターを設置したい人
  • 音響もこだわりたい人

【リビングで使う】TVの代わりにするならニュースはYouTubeで見れば良い

ちなみに、我が家ではリビングにプロジェクターを置きテレビ代わりに使っていたのですが、気にしていたニュースも結局YouTubeでそれなりに確認できました。

ニュースはYouTubeで

そもそも、そこまでリアルタイムのテレビを見ないということもありますが、最近はyoutubeで話題は確認できますし、スマホにもニュースが載っているので特に問題ありませんでした。

短焦点プロジェクター「JMGO O1」まとめ

それではJMGO O1をまとめます。

短焦点プロジェクターJMGO O1
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 短焦点なので部屋が狭くても大画面で見れる
  • 7Wのスピーカーの迫力が凄い
  • 独自OS(Luna OS)が使いやすい
デメリット
  • 少しサイズが大きい
【短焦点プロジェクターJMGO O1の特徴(スペック)】
  • 800ANSIルーメン
  • フルHD(1080p)
  • プロジェクター単体で主要なVODに対応している
  • 短焦点(壁から24cmで80インチ)なので部屋が狭くてもOK
  • 低遅延モードでゲームもプレイ可能
  • 7Wのスピーカー2機搭載
  • 台形補正機能あり

今回のプロジェクター「JMGO O1」は、壁との距離を気にしなくて良いレベルの短焦点性能で、場所を気にせず利用できるプロジェクターなのがよくわかりました。

値段は10万円以上とそれなりの価格ですが、大きなテレビを購入することを考えると、迫力あるスピーカーと持ち運べるということを考えてTVの代わりにしてもいいのではないかと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次