【モバイルバッテリー】RAVPowerポータブル電源がコンパクトでノマドにも便利

どうも、大容量のモバイルバッテリーを購入したら、思った以上の便利さに驚いている僕です。

今回は「RAVPower」の20100mAhという大容量モバイルバッテリーを購入しました。

最初は、持ち運びに便利な小さめのモバイルバッテリーにしようかと思ったんですけど、ノマドワーカーなどを考えたり、災害などを考えたとしても、大容量を持ってて損しないと考えました。

ちなみに、今回購入したRAVPowerの20100mAhという容量は、ノートパソコンなら約1回(スマホなら約9回)も充電することができます。

サイズが小さいのにコンセントもあるしすげーパワーっす!(まさにラブパワー!?)

今回購入した「RAVPowerのモバイルバッテリー」とは?

まずは、今回購入した大容量モバイルバッテリー「ラブパワー」がどういったバッテリーなのか簡単に説明します。

商品、スペックとしてはこちらです。

RAVPowerのよかった点としてはこんな感じです。

ポイント
  • 20100mAhと大容量(ノートPC約1回、スマホなら約9回も充電が可能)
  • コンセントも使える
  • 小ぶりで持ち運びが簡単
  • ドリンクホルダーに入るサイズ感
  • デザインがシンプルでおしゃれ
  • 使いやすくて残量も確認しやすい
  • ソフト、ハードケース付き
  • 任天堂スイッチにも充電できる

よかった点を挙げましたが、僕が中でもよかったのは、あれだけの大容量なのにコンパクトで持ち運びが簡単と言うことです。

モバイルバッテリー

付属品が多くソフトケース、ハードケースがある

そのほか、このラブパワーにはソフトケースやハードケースもあったりと付属品が多いです。

ラブパワーの中身

iPhone用の充電ケーブルは流石に付属されてませんが、マイクロUSBは長いものと短いもの2本付属してます。

また、モバイルバッテリーの口は「USB」、「タイプC」、「ACコンセント」などのポートもあります(これだけあれば大体OKです)

ポートもたくさん

スマホはiPhoneで、パソコンはMacBookを使っている僕の場合、このモバイルバッテリーを持っていれば、カフェにコンセントなくても問題ありません。

スマホに9回も充電することはありませんが、ノートパソコンに充電できることは非常に便利で、1回充電したら10時間くらいは使えるので本当に助かってます。

最近はスマホゲームもいろいろあり、ドラクエやポケモンGOといったGPSで遊ぶタイプのゲームもあるので、大容量があると便利です。

RAVPowerのサイズ感が小ぶりで良い

続いてはRAVPowerのサイズ感です。

大容量のくせに意外に小さいんです(褒め言葉)

500mlのペットボトルより小さい

サイズ:6.9×6.9×14.6cm

本体重量:585g

これは500mlのペットボトルと比べてますが、スマホ9回も充電できるバッテリーがこのサイズ感ですよ。

これには普通に驚きました。

車(Cx8)のドリンクホルダーにも入る

先ほど小ぶりだと書きましたが、ちなみに僕が乗っている車のドリンクホルダーにもRAVPower入っちゃいます。

車のドリンクホルダーにもすっぽり

ドリンクホルダーに入ると何の都合が良いかと言うと、アウトドアやキャンプにいったとしても椅子にあるドリンクホルダーに入ると言うわけです。

モバイルバッテリーをどこに持つか悩む人も多いかもしれませんが、ドリンクホルダーに入ると言うのはかなり嬉しいのではないかと思います(急速充電もできるし

ただし…ドリンクホルダーに入らないのもありました。

色々検証してたら、中にはドリンクホルダーに入らない椅子もあったので、もし椅子のドリンクホルダーに入れようとしている場合は、サイズ感(14.6cm)を確認しておいた方が良いかもしれません。

入らないのもある

僕なりのモバイルバッテリーの使い方

僕が今回のラブパワー(RAVPower)大容量モバイルバッテリーをどう使っているかですが、用途としてはこんな感じです。

モバイルバッテリーの用途
  • ノマドワーカー
  • 災害時
  • 家での作業(コンセントがない時)
  • キャンプに持っていく
  • 旅行に持っていく
  • 撮影の際のバッテリーの充電に使う
  • 出張の時に持っていく

普段使いとノマドワーカーがメインですが、もしもの災害の時でもこの大容量モバイルバッテリーがあると、安心感が違いますね。

ちなみに、普段使いとしては、こんな感じです。

家の庭で子供と遊びながら、音楽を流し、時間があったらパソコンで作業すると言う感じなので、こんな感じで机の下にバッテリーをぶら下げながら作業してます。

庭でPCの充電も可能

家の外って電源がないからバッテリーあるとかなり助かるんですよね。

ノマドワーカーも可能

もちろんノマドワーカーとしても同じなので、コンセントがない席でも問題ありません!

YouTuberやアクションカメラを使う人も便利

僕はたまにiPhoneアクションカメラで動画撮ったりしてますが、撮影が長いと結構バッテリーが切れるんですよね。

そんな時でも1つのバッテリーは使って、もう一つをこのラブパワーで充電してたら結構長い時間使えます。

アクションカメラも余裕で充電可能

キャンプ行ったりして、撮影を2日間などする場合はラブパワーがあるとかなり助かります。しかもスマホも充電できますしね。

他にも撮影の場合はバッテリーが必要なものが多いと思うので、容量が大きめのモバイルバッテリー必須です。

容量大きめのモバイルバッテリーとはいえ、ラブパワーのサイズ感なら十分小さいと思うので僕はかなりオススメします。

RAVPowerモバイルバッテリーはこちら

今回、僕が購入した大容量モバイルバッテリーはこちらです。

ラブパワーが大容量でサイズも小さくて便利って話まとめ

今回のRAVPowerモバイルバッテリーが便利だった話はいかがだったでしょうか?

通常使い以外を考えても、やはり一家に1つは大容量モバイルバッテリーは必要だと確信しました。

通常通りの使い方はもちろんですが、いつなんどき災害がおこるかわからないので1つ持っておくといろんな意味で安心です。

その他このモバイルバッテリーはACコンセントが扱えるので任天堂スイッチなどのゲームを外で充電することも可能です

あとは、バイクを乗る時の電熱ジャケットを使うときの電源としても使えるのではないかと考えてます(バイクで長距離移動するときは、結構バッテリー必要ですからね)

キャンプに行くのに、確かに大容量の方が良いですが、こういった丁度良いサイズでも十分だと思います(ソロキャンなんか、特に良いと思います)

こういったことを考えると、まだまだモバイルバッテリーの使い道は拡がりそうです。