【おすすめ】作業デスク(作業環境)にモニターアーム導入したら快適になった話

ブログ運営

どうも、モニターアームを導入した僕です!

今回、自分のデスク環境を整える為にモニターアームを導入したのですが、このモニターアームが素晴らしかった。

モニターアームを使うとモニター下のスペースが有効活用できるし、姿勢(目線)はよくなるし、スタンディングデスク扱いもできるし、かなりデスク周りがよくなりました。

コロナ渦で自宅での仕事が増えてると思いますので、この機会にモニターアーム導入するのもありかと思います。

モニターアームはガススプリング式・機械式とありますが、僕はガス式を選びました。なぜガス式を選んだのかを含め、モニターアームの詳細は次でまとめてます。

モニターアームのガス式と機械式の違い

まずはモニターアームのガス式機械式の違いを説明します。

モニターアームのガススプリング式とは

ガススプリング式とは、充填されているガスの圧力によりアームの動きをコントロールする方式です。

僕が購入したのもこのガススプリング式でパワーが強く非常に強力で、角度を調整するのが簡単というメリットがあります。

その代わり、デメリットとしてはガスが徐々に弱ってきます。ただ、ガスは弱まりますが数年は持ちますのでご安心ください。

パワーが強力で、角度調整が楽(モニターアームを試したい人やデスク周りを適度に変えたりする人向け)

充填されているガスが徐々に減っていく(数年は大丈夫)

機械式(スプリング式)とは

機械式(スプリング式)とは、バネの力を使ってモニターの動きをコントロールする方式です。

ガス式と違ってモニターをコントロールするのに少々パワーが必要ですが、スプリング式は寿命が長いというメリットがあります。

寿命が長い(とりあえずモニタースペースを確保できたら良い人向け)

モニター位置などを変更するのにパワーが必要

僕が購入したモニターアームはガス式

ということで、僕はガス式のモニターアームを購入したわけですが、ガス式を購入した理由は「モニター場所を試行錯誤したいのと、腰が痛いので高さ調整が楽なのが良い」という理由が大きいです。

モニターアーム設置後

今回、初めてモニターアームを導入するので、どのあたりにモニターを固定するのか試行錯誤したい思いがあったのと、適度にデスク周りやモニター裏などを掃除したいのでガス式が良さそうと考えました。

いろいろ悩んだ結果、ガス式のデメリットであるガスが減っていく問題も、数年問題ないのであれば大丈夫という判断です。エルゴトロンなんて10年は大丈夫って言いますし。

モニターアームを選ぶポイント

参考までにモニターアームを選ぶ上でのポイントはこちらです。

  • モニターの取り付け方法(クランプ式/グロメット式など)をイメージしておく
  • VESA規格対応か調べておく(モニター裏のねじ穴です)
  • モニターの重量は対応しているか
  • アームの可動域は十分そうか
  • チルト(画面の傾き)は十分かどうか

僕が考えるモニターアームを導入するメリットはこちらです。

  • モニター下のスペースが有効に使える(デスクが広く使える)
  • 高さ調整することでスタンディングデスクっぽく使える
  • 掃除が簡単
  • コード収納が楽
  • デスク周りの模様替えが簡単

デメリットはこちらです。

固定したモニターアームの場所(机との設置面)を変更するのが大変

実際にモニターアームを使っていますが今のところデメリットは少ないですね。

HUANUOモニターアームのレビュー

それでは早速モニターアームのレビューをして行きます。今回僕が購入したのはこちらです。

モニターアーム
30%オフのクーポンがある時がチャンスです

組み立てがすごく簡単で5分〜10分程度でモニターを取り付けられました。

スペック的にはこんな感じです。

  • 対応モニター:17インチ〜32インチ
  • VESA規格:75×75、100×100対応
  • 対荷重:2〜9kg
  • ケーブル管理(収納)可能
  • グロメット式/クランプ式可能

箱から取り出すとこんな感じです。

開封

もうほぼ組み立てた状態みたいなもんで入ってるので、あとは机との設置とモニターとの設置がメインとなります。

ちなみに、コレが組み立てた状態です(ここまで2分くらいです)

このHUANUOモニターアーム、可動する箇所がすごいんです。

  • A:画面が前後に可動可能
  • B〜D:左右に可動可能
  • E:高さ調節可能

どうですか、この可動できるパーツの多さ。コレだけ可動できるので、ほぼ持っていきたい位置にモニター動かせますよね。

設置の手順については、あとはデスクに設置して、どんな感じでどうモニターに設置するかを考えます。机の左なのか右なのか、奥なのか横なのか…結構悩みました。

結局は電源をどこから取るか、コードの流れやモニターを可動させたときのシミュレーションによって最終的な場所を確定しました。

HUANUOモニターアーム設置のポイント

VESA規格(モニター裏のねじ穴)とはこのねじ穴のことです。

このねじ穴が対応していないモニターやモニターアームだと直接設置できないので、モニターを挟む別の何かが必要となります。

VESA規格対応

この辺りは購入したモニター裏を確認するか、説明書を確認すると書いてあるかと思います。

その他、アーム部分にコードを収納できる場所があるので、ここにコードを通せば全体的にコードがすっきり見えます。この辺りのポイントはかなり良かったです。

コード収納も簡単

モニターアーム設置後のデスク周りはこちら

それでは完成した僕のデスク周りがこちらです。

完成したデスク周り

どうですか?良い感じにモニターアームが設置できたと思います。

このモニターアームなら高さ調節の他に、チルト(画面の傾き)や360度回すことも可能なので、モニターの縦おき横置きを悩む場合も簡単に変更が可能です。

ちなみに、ビフォアー、アフターの作業環境はこちらです。

デスク環境のビフォアー、アフタ

モニター下のスペースが空いたのでかなりデスクが広く感じます。ガチでモニターアーム導入してよかったです。

今回購入したHUANUOモニターアーム

今回僕が購入したモニターアームはこちらです。

30%オフのクーポンがある時がチャンスです

作業環境にモニターアームを導入した話まとめ

モニターアームを初めて導入してみましたが、大満足してます。

モニターへの配線もきれいになったし、全体的にデスク周りがすっきり見えるし良いことだらけでした!

モニターアームを導入しようか迷っている人はぜひ導入して欲しいです。満足すること間違い無いです。

デスクのスペースが確保されただけでも作業効率が上がりますし、パソコンデスクを置いて、モニターを一段上にあげることも考えたのですが、結局モニターアームがあればその役割も果たしてくれました。

ガス式のモニターアーム、思った以上に大満足です!