ナンダのサラリーマンblog

きっとあなたの役に立つ(きっとそうナンダよ)

ドローン飛ばすのに許可が要るって知ってる?(結局どこで飛ばせばいいんだよって話)

スポンサーリンク

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20170827210844j:plain

どうも南田です。

今回はドローンについて(どんな時に飛ばす許可が必要で、どこなら飛ばしていいか)の記事です。

ドローンを注文したので、ドローンが手元に届くまでの時間を使って下調べもかねて記事にしました。

ドローンを飛ばすときに許可が必要って知ってる?

ドローンて、どこでも飛ばして言い訳じゃないんですね…。

今回調べてみて、いろんなルールを知りましたw

 

結果的には、飛ばすドローンが200g以上の場合は国に許可が要るみたいです(後述しますが許可なしで飛ばせる場所もあります)

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。

 今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

引用:航空:飛行ルールの対象となる機体 - 国土交通省

 

一応、国土交通省の引用も載せましたが、長いので要約します。

 

Check Points!!

ドローンの本体とバッテリーなどの重量の合計が200g以上なら国に許可が必要だけど、200g未満のドローンならどこで飛ばしても大丈夫です。

飛ばしても大丈夫な場所について

ドローンの重量が200g以上の場合は許可が要ると書きましたが、その他にもドローンを飛ばすために守るべきルールがあります。

 

わかりづらいですが最初に国土交通省の引用を載せます。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20170827215052p:plain

以下の(A)~(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、地方航空局長の許可を受ける必要があります。

引用:航空:(1)無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について - 国土交通省

 

これまた要約します。

 

Check Points!!

(A):空港周辺の上空で飛ばしたらダメ

(B):150m以上の高さにあげちゃダメ

(C):人口集中地で飛ばしちゃダメ(駅周辺とかNG)

以上の3つが総重量以外のルールです。

 

(補足)人口集中地について

調べていった結果、上記(A)〜(C)の中でも(C)の理由でドローンを飛ばせないということが圧倒的らしいので、飛ばしたい場所が人口集中地がどうか調べる方法を載せておきます。

 

まず下記に国土地理院のリンクを載せます。

人口集中地を調べる

 

クリックすると、下記のような画面になります。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20170827230657p:plain

この赤い部分が人口集中地です。

つまりドローンを飛ばしてはいけない場所です。

都心だと、正直全然飛ばす場所ないですよねw

 

その他の地域を調べる時は左上の箇所に調べたい地域を入力してください。

東京都だと「八王子」くらいなら人口集中地以外もありそうです。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20170827231537p:plain

この地図を使いながら、赤い地域ではない場所を探しましょう(拡大しながら調べれば、わりと探せます)

その他の飛行ルールについて

実は200g以上のドローンを飛ばすにあたり、上記以外にもまだルールがあります。

 

またまた最初に国土交通省の引用を載せておきます。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20170827221716p:plain

[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること

[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること

[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること

[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと

[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと

[6] 無人航空機から物を投下しないこと

引用:http://www.mlit.go.jp/common/001128047.pdf

こちらも一応要約します。

 

Check Points!!

(1)夜にドローン飛ばしたらダメ

(2)しっかりとドローンを見て飛ばすこと

(3)人や物から30m以上離れること

(4)イベント上空の飛行(祭りイベントなど)の時は飛ばしたらダメ

(5)爆発物など危険物は輸送したらダメ

(6)ドローンから物を落下させたらダメ

以上です。

結局ドローンをどこで飛ばそう

今回のルールを鑑みると海とか山とか河川敷、公園とかなら飛ばせるかなという印象を受けました。

僕が住んでいる地域は地方なので探せばどこでもありそうですが、都心の方は一苦労するかもしれません。

他にも、近くに公園があるからといいながらもドローン禁止の公園も増えているみたいなので、その辺は調べてみるか事前に問い合わせてみた方がいいかもしれません。

屋内で飛ばせばいいんじゃね?

実はこの記事を書きながら思ったのが、そもそも屋内で飛ばせば航空法適用されないじゃんという話です。

バッティングセンターとか、体育館とか、どっかのお金持ちさんの倉庫とかいろいろありますよね。

つまり、都心の人は屋内で飛ばせばいいわけです。笑

ただ、ドローンを飛ばして空撮をしたい人には屋外がいいと思うので、河川敷や山や海でナイススポットを探してドローンを楽しみましょう!

今回のまとめはこんなところです。