【1万円以下でリアカメラとSDカード付き】Aneroのドライブレコーダーが最高だった

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20190217003440j:image

どうも、車の事故にあった僕です。

今回は車の便利グッズ「Aneroのドライブレコーダー」をレビューしました。

煽り運転などで話題になっている今日、今回のドライブレコーダーは1万円以下なのにリアカメラとSDカードも全部セットなので本当にすごいクオリティのドライブレコーダーだと思いました。

このAneroなら前の映像と、後ろの映像が同時に録画できます

取り付け位置や映像など、今後ドライブレコーダーをつけようと思っている人の参考になれば幸いです。

後半には実際に録画した映像も載せてますので、参考にしてください。

先日交通事故にあいました

実は、先日事故にあいました…。

事故

もともと煽り運転などのニュースが話題だったので、いつかドライブレコーダーつけなきゃとは思ってたのですが、その前に事故ってしまいました。

上記写真は相手もいる事故で、こちらの修理だけで5万円。

こちらが止まってたところに相手が来たのですがそれを証明できるものが何もなく結局道路状況から判断され、こちらが不利な結果となりました…(8対2)

これを機に本当にドライブレコーダーは必要だと感じどうせなら後方も撮影できるドラレコがいいなと思いAneroにしました。

今回のドラレコについて

今回僕がレビューしたドライブレコーダーはこちらです。

Aneroというメーカーのドラレコなのですが、このドラレコにした理由はこちらです。

値段が1万円以下
・32GのSDカード付き
デュアルカメラ(リアカメラ付き)
・フルHDで映像が綺麗
・取り付けも簡単
・駐車監視と防犯カメラにもなる

何より1万円以下なのにSDカード+デュアルカメラ(リアカメラ付き)で取り付けが簡単なんです。

もし1万円〜2万円でドラレコが欲しいと言う方は、こちらのファインビューのドラレコがおすすめです(値段が上がる分、性能が良いです)

僕は結局Aneroからこっちのファインビューに変えました。

 Aneroドライブレコーダーの主な機能

上記ポイントの他にも多機能なので簡単にまとめます。

・常時録画、上書き録画

→エンジンON/OFFでスイッチが入り録画が開始されます。衝撃があったタイミングで録画された映像は上書きされず残ります。

・Gセンサー付き

→衝撃を検知すると上書きされない映像として自動的に録画が開始されます。

・駐車監視、動体検知

→駐車している状態でも衝撃があったり、動いているものを検知すると自動的に録画が開始されます。

・ソニーセンサー搭載

→6層のカメラ搭載で170°の超広角映像が録画可能

Aneroのドラレコレビュー

それでは早速ドラレコをレビューしていきます。

まず、付属品はこちらです。

Aneroドラレコ付属品
Aneroの中身
A:シガーソケットケーブル(電源供給)
B:吸盤スタンド大
C:SDカード32GB
D:吸盤スタンド小
E:リアカメラ接続ケーブル
F:本体(フロントケメラ)
G:日本語説明書

この付属品を見ただけでも思いますけど、1万円以下でこれは豪華すぎやしません?笑

Aneroの取り付けイメージ

ドラレコの取り付けイメージはこんな感じです。

Anero取り付けイメージ
取り付けイメージ

少し具体的に載せるとこんな感じです。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20190216193435j:image
コード類

フロントモニターに対して、シガーソケットケーブル(電源)とリアカメラ用のケーブルが接続されているイメージが伝わればOKです。

ドラレコの付属品詳細

それでは付属品の詳細です。

まず、フロントカメラのモニターですが、4インチなのでこんなに大きいんですよ(10円玉比較)

しかもフルHD(1920*1080P)です。

フロントカメラについて

そして、カメラのポジションは自由に動きます。

フロントカメラのポジションは可変

これ何気ない点ですがフロントガラスに接着する際にはかなり便利です。

実際に取り付けてみるとこんな感じです。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20190217150937j:image
フロントカメラ

リアカメラはこんな感じ。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20190217150930j:image
リアカメラ

とりあえずカメラをつけただけなので、配線は横に回すなど邪魔にならないようにしてください。

リアカメラの映像はフロントカメラに映る

録画している映像はフロントカメラのモニターに映ります。

A:がフロントカメラの映像で、Bがリアカメラで録画している映像です。

フロントカメラにリアカメラの映像も映る

一つのモニターで後方も確認できるとか、マジで素晴らしいですよね

※録画した映像を確認する際は、フロントとリアでは別々の動画となって保存されています。

ドラレコで録画してみた

もちろん早速走って録画してみました。

まず、フロントカメラの映像はこちらです。

続いてリアカメラの映像がこちらです。

安全な車間距離なので普通ですが、これで煽り運転にあっても大丈夫な気がします!

Aneroのドライブレコーダーのいまいちなとこ

車にドラレコをセットしてて思ったのですがドライブレコーダーの配線を止めるパーツがないんですよね。

車内に配線を巡らせるわけなので、ところどころに配線を止めるパーツが欲しかったなと思います。

ただ、車屋さんでセットしてもらうと、カバーの中に配線をセット(配線が見えないように隠して)くれるので見た目的にもかなり綺麗になります(多少工賃取られるかもしれませんが)

海外製が不安な人はKENWOODが圧倒的おすすめ

ドラレコは万が一の時にも絶対つけておいた方がいいですが、安いドラレコは不安という人がいるかもしれません。

そんな人は「KENWOOD」の前後撮影対応ドラレコが良いです。

値段は安心を買う分多少高くはなりますが、安心感はかなり高くなります。

ドラレコを使ってみての感想

一言でいうと「ドライブレコーダーがあるだけで安心感はんぱねー

上記は多少大げさに書きましたが、それでもドライブレコーダーが有るのと無いのでは全然違いますね。

僕は何かあった場合は、最悪スマホで録画したらいいかなと思ってたのですが(相手が車から降りてきた時とか)、実際問題何かあった時に落ち着いてスマホ取り出して録画する暇なんて無いですよね(一人で運転してたらなおさら)

このドラレコなら自動で録画してくれるし、バックカメラで後方も安心して録画できるし、マジで安心感はんぱないっす。

これで煽り運転も怖く無い!

Aneroのドラレコはこちら

今回僕がレビューしたAneroのドラレコはこちらです。

1万円以下で全部揃っているので、マジでおすすめです。

煽り運転対策にこういったものをセットしておくと、なお有効だと思います。

まとめ:ドラレコは必須

今回のAneroのドラレコはいかがだったでしょうか?

フロントカメラの機能+カメラの位置を自由に固定できる点など、今回のドラレコは痒いところに手がとどき本当によかったと思います。

これでまた車の便利グッズが増えましたね。今回のドラレコは便利というより必須だと思います。

煽り運転などはどの場所でも発生しうるので、いざという時のためにも「リアカメラ付き」のドライブレコーダーを購入しておくことをおすすめします。