MENU
カテゴリ
サイト公式LINEアカウント登録でお得なクーポン情報あり

FunLogy Lantern LEDランタンレビュー!アウトドアでも室内でも使える充電式のLEDランタン

  • URLをコピーしました!

どうも、自分のデスクを冬仕様にしたい僕です(@nantehida03)です。

今回はFunLogy LanternのおしゃれなLEDランタンをレビューしました(FunLogy Lanternから商品提供)

今回のLEDランタンは、屋内、屋外問わず使用できるシンプルデザインで、直感的に操作できる使い勝手が良いLEDランタンでした。

FunLogy Lantern LEDランタンの簡単まとめ

室内でもアウトドアでも使えるLEDランタン。価格も安いので複数個購入して統一感ある雰囲気が出せる。ランタン初心者や室内にちょっとしたライトが欲しい人は買い。

【FunLogy Lantern LEDランタンの特徴(スペック)】
  • 最大光量で10時間、最小光量なら50時間使える
  • 明るさ最大220lm
  • ボタン長押しで調色可能
  • ダイヤル操作で無段階調光可能
  • 光源が下ではなく上にあるため直接目に入らない(読み書きにも良い)
  • 太陽光に似た光を再現(Ra95)
  • ハンドルがアイアンで高級感がある
  • 購入から1年のメーカー保証
  • 防水性能:IPX4
  • 電池ではなくバッテリー式(4000mAh)
FunLogy Lantern LEDランタン
総合評価
( 4 )
メリット
  • デザインがおしゃれでハンドルがアイアンで高級感がある
  • 光源が下ではなく上にあるため直接目に入らない
  • 最大光量で10時間、最小光量なら50時間使える
  • 充電しながら利用することが可能
デメリット
  • バッテリー残量がわからない
目次

FunLogy Lanternのおしゃれな「LEDランタン」レビュー

それでは、今回のFunLogy Lantern「LEDランタン」をレビューして行きます。

自宅のデスクに飾りたい

僕の使用用途としては「自宅のデスクに飾りたい」のと「アウトドアで使いたい」という大きく2種類の目的があります。

FunLogy Lantern「LEDランタン」のスペック

今回レビューしたFunLogy Lantern「LEDランタン」の特徴はこちらです。

FunLogy Lantern「LEDランタン」
【FunLogy Lantern LEDランタンの特徴(スペック)】
  • 最大光量で10時間、最小光量なら50時間使える
  • 明るさ最大220lm
  • ボタン長押しで調色可能
  • ダイヤル操作で無段階調光可能
  • 光源が下ではなく上にあるため直接目に入らない(読み書きにも良い)
  • 太陽光に似た光を再現(Ra95)
  • ハンドルがアイアンで高級感がある
  • 購入から1年のメーカー保証
  • 防水性能:IPX4
  • 電池ではなくバッテリー式(4000mAh)

1万円しない価格ですが、高級感があります。しかも軽い。

同梱物

FunLogy Lantern「LEDランタン」の同梱物はこちらです。

同梱物
【同梱物】
  • LEDランタン本体
  • 充電ケーブル(AtoC)
  • 説明書
  • メッセージカード

オレンジ色の袋は期間限定で「楽天市場のみ」レビューを書けば貰えます。

充電ケーブルはAtoCケーブルです。

AtoCケーブル

最近Type-Cが増えてきましたし、本体側のポートがType-Cなのはありがたいですね。

外観

こちらがLEDランタンの外観(前面)です。

ハンドルがアイアンなので高級感があります

LEDランタンの外観(前面)

こちらが背面です。

背面

背面は特に何もありません。

最後に、こちらが底部分です。

そこ部分

バッテリー内蔵で側面部分(Type-C)からの充電なので、簡単に底の蓋が外れることはありません。

ご安心ください。

サイズ感や重さ

サイズ感と重さはこちらです。

【サイズ】106.7mm 95mm 190 mm (ハンドル含まず) 【重さ】500g

持ちやすく軽い

ハンドルがあるので持ちやすく、持った感じも軽いです。

FunLogy Lantern「LEDランタン」のよかった点、いまいちだった点

FunLogy Lantern「LEDランタン」の良かった点、いまいちだった点をみていきましょう。

よかった点いまいちだった点
ハンドルがアイアンで高級感がある
光源が下ではなく上にあるため直接目に入らない
最大光量で10時間、最小光量なら50時間使える
充電しながら利用することが可能
バッテリー残量がわからない
よかった、いまいちだった点

価格が1万円を切る価格ながら十分なスペックのLEDランタンです。

良かった点

ハンドルがアイアンで高級感がある

そもそもFunLogy LanternのLEDランタンは見た目がおしゃれですよね。

見た目がおしゃれ

このデザインで1万円以下の価格で、さらにはハンドルがアイアンって凄いです。

高評価レビューが多いのも納得です。

光源が下ではなく上にあるため直接目に入らない(読み書きにも良い)

FunLogy LanternのLEDランタンは、光源が上にあるので直接目に入りません。

光源が上にある

ランタンの光源イメージはこんな感じです。

光源が上にあるの

一番小さい光から最大の光量まで上げているのですが、光源が上にあるのがわかるでしょうか。

光源が上にあるので、手前の説明書もいい感じに照らされているのがわかるかと思います

しかもボタンを押し込むことで「調色」も可能です。

調色も可能

FunLogy LanternのLEDランタンを使って読み書きする場合は、光を白めに、バーベキューをするときはオレンジ寄りにすることで、より使い勝手が上がります。

最大光量で10時間、最小光量なら50時間使える

最大光量で10時間、最小光量なら50時間使えます。

最大光量にするとそこそこの明るさになるので、おそらく基本的に最大光量で使うようになるのではと思います。

それでも10時間は使えるので、1泊2日のキャンプであれば特に問題なくパフォーマンスを発揮できます。

ちなみに、こちらがアウトドアで「最小の光量から最大の光量まで」調整したときです。

アウトドアで使ってみた

残念ながら、FunLogy LanternのLEDランタン1つだけで周り全部照らせるかというと、そうではありません。

LEDランタン1つだと明るさが足りないので、状況に応じてランタンがもう一つあると安心です。

いまいちだった点

バッテリー残量がわからない

残念ながらバッテリー残量がわからないため、点灯している時間でおおよその残量を判断するしかありません。

バッテリー残量がわからない

ただ、基本的には使ったら充電したらいいと思うので、そこまで気にする必要はないと個人的には思います。

また、充電しながら使えるので、例えばモバイルバッテリーが1つあれば特に心配することもありません。

充電しながら使える

キャンプに行くのにスマホのバッテリーやランタンのバッテリー切れが心配であれば、コンパクトなモバイルバッテリーがあると安心です。

バルミューダのLEDランタンとの違いとは

今回レビューしたFunLogy LanternのLEDランタンですが「バルミューダのLEDランタン」と雰囲気が似てますよね。

バルミューダのLEDランタンと具体的にどんなところが違うのか比較しました。

FunLogy LanternのLEDランタンとバルミューダのLEDランタンとのスペック比較

まずはスペックを比較してみます。

項目FunLogy Lanternバルミューダ
価格5,980円 (税込)15,950円 (税込)
サイズ106.7mm 95mm 260 mm
(ハンドル含めて)
110mm 103mm 248 mm
(ハンドル含めて)
重さ500g630g
内蔵バッテリー4,000mAh2,000mAh
点灯時間10 〜 50時間3 〜 50時間
色温度2000K(暖色) 〜 5000K(寒色)1600K(暖色) 〜 3000K(寒色)
防塵、防水機能IPX4(キッチン周りでも使える程度)IP54(防塵+生活防水)
スペック比較

FunLogy LanternのLEDランタンとバルミューダLEDランタンとでは、価格が約1万円ほどの差があります。

ただ、スペックの比較であれば、そこまで大きな違いを感じません。

むしろ、FunLogy Lanternの方が安い分コスパが良く感じます。

自宅でインテリアとして使うのではなく、アウトドアでガンガン使う場合はFunLogy LanternのLEDランプの方がコスパがよく、かつおしゃれデザインなので魅力が大きいのではと個人的に思います。

バルミューダのLEDランタンを1つ買うお金で、FunLogy Lanternなら2つ買えます。そう考えるとかなりコスパが良いです。

価格で比較するならMozambique(モザンビーク) LEDランタン

デザインはバルミューダと似ていますが、価格だとMozambique(モザンビーク) LEDランタンと同じくらいです。

このMozambique(モザンビーク) LEDランタンも人気があるLEDランタンですが、どのあたりが違うのかまとめました。

無段階調光機能があり、そもそものスペックとしてもだいたい同じような商品には見えます。

よく比較されるのはこの辺りでしょう。

スペック比較(Mozambique(モザンビーク)と比較)

Mozambique(モザンビーク)とスペックを比較しました。

項目FunLogy Lanternモザンビーク
価格5,980円 (税込)5,480円 (税込)
サイズ106.7mm 95mm 190 mm
(ハンドル含まず)
126mm 126mm 230 mm
(ハンドル含まず)
重さ500g500g
内蔵バッテリー4,000mAh5,000mAh
点灯時間10 〜 50時間8 〜 75時間
色温度2000K(暖色) 〜 5000K(寒色)2200K(暖色) 〜 6500K(寒色)
防塵、防水機能IPX4(キッチン周りでも使える程度)記載なし
スペック比較

価格含めスペックも同じように見えますが「防水機能」が違います。

そもそも、Mozambique(モザンビーク)には防水機能の記載がないため詳細不明ですが、アウトドアで使う以上防水機能は必要ですよね。

キャンプしている時に雨が降ってきたり、キッチンにLEDランタンを持っていくときなどなど、防水機能は必須だと考えます。

なので、アウトドアで使うことを考えると、こちらもFunLogy Lanternがおすすめ(コスパが良い)ということになります。

FunLogy Lantern「LEDランタン」がおすすめな人

FunLogy Lantern「LEDランタン」がおすすめな人はこちらです。

FunLogy Lantern「LEDランタン」がおすすめな人
【FunLogy Lantern「LEDランタン」がオススメな人】
  • コスパが良いLEDランタンが欲しい人
  • バルミューダ似デザインのランタンが気になる人
  • 家でもアウトドアでもランタンが使いたいと思っている人
  • デスク上にちょっとしたライトとして欲しい人

FunLogy Lantern「LEDランタン」は、自宅でもアウトドアでも使えるので使い勝手が良いLEDランタンです。

しかも、価格も安いので複数個購入することで統一感が出て、キャンプで良い雰囲気も出せます。

FunLogy Lanternの「LEDランタン」まとめ

それではFunLogy Lanternの「LEDランタン」をまとめます。

【FunLogy Lantern LEDランタンの特徴(スペック)】
  • 最大光量で10時間、最小光量なら50時間使える
  • 明るさ最大220lm
  • ボタン長押しで調色可能
  • ダイヤル操作で無段階調光可能
  • 光源が下ではなく上にあるため直接目に入らない(読み書きにも良い)
  • 太陽光に似た光を再現(Ra95)
  • ハンドルがアイアンで高級感がある
  • 購入から1年のメーカー保証
  • 防水性能:IPX4
  • 電池ではなくバッテリー式(4000mAh)
FunLogy Lantern LEDランタン
総合評価
( 4 )
メリット
  • デザインがおしゃれでハンドルがアイアンで高級感がある
  • 光源が下ではなく上にあるため直接目に入らない
  • 最大光量で10時間、最小光量なら50時間使える
  • 充電しながら利用することが可能
デメリット
  • バッテリー残量がわからない

今回レビューしたLEDランタンは価格が1万円以下でデザインもおしゃれなため、LEDランタン初心者との相性がいいです。

防水機能もあり使い勝手もいいので、ちょっとLEDランタンを試してみたいと思っている人やアウトドア以外にも自宅で使ってみたいと思っている人にもおすすめです。

キャンプグッズとはいえ、自宅に1つあると防災グッズにもなるので、1つあると何かあった時にも安心です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次