MENU
カテゴリ
新着記事はこちら

Insta360 AcePro実機レビュー。ライカレンズ搭載で暗所も撮影できるアクションカメラ登場

記事内にPRを含む場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないように配慮しコンテンツを作成しておりますのでご安心ください。
  • URLをコピーしました!

どうも、アクションカメラで撮影するためにスケボーを始めたい僕(@nantehida03)です。

今回、Insta360の「AcePro」というアクションカメラをレビューしました。

このアクションカメラは、なんと「ライカ」との共同開発により「ライカレンズ」を採用しています。普段の撮影だけでなく、暗所での撮影も可能なアクションカメラです。

アクションカメラとしての撮影性能はもちろんのこと、夜間の撮影も可能なので、夜景のタイムラプスやイルミネーションの撮影にも適しています。

アクションカメラInsta360 AceProの簡単まとめ

Insta360 AceProはライカレンズを採用しているアクションカメラで、日中はもちろん暗所での撮影が可能。お値段は約6.7万円するがその分スペックが高く、気軽に持ち運べて気軽に撮影できるので満足度も高い。

【アクションカメラInsta360 AceProの特徴(スペック)】
  • 1/1.3インチセンサー搭載で暗所での撮影が可能
  • 5nmAI チップを組み込んだ初のアクションカメラ
  • ライカレンズ搭載(ライカとの共同開発)
  • 昼も夜も圧倒的な画質(4K120fpsやアクティブHDRも)
  • 2.4インチフリップ式タッチスクリーン(フリップ式タッチスクリーン搭載)
  • 最先端のFlowState手ブレ補正
  • 10m防水、-20°Cの環境下でも撮影できるのでウィンタースポーツとの相性もGood
  • マグネット式マウントシステムでアクセサリーをシームレスに切り替え可能
  •  録画の一時停止、ジェスチャー制御、クラリティーズームなどの使いやすい機能搭載
  • 専用アプリの自動的にハイライト機能で動画編集も簡単
  • 急速充電にも対応
アクションカメラInsta360 AcePro
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 暗所でも撮影ができる(ライカレンズすごい)
  • 長時間の撮影もできる
  • 手ぶれ補正がすごいので気軽に撮影できる
  • 専用アプリで動画編集が簡単
  • フリップ式タッチスクリーンで被写体を逃さず撮影が可能
デメリット
  • 標準キットに自撮り棒がない

【新生活セール開催】2月28日から16時からAceProが11%オフ:¥67,800→¥60,300になります。お得に買えるチャンスです。

今なら弊メディア経由→公式サイトからの購入で「スクリーンプロテクター」が無料ギフトされます。レンズが傷つくとショックなのでこれは必須です。

目次

アクションカメラInsta360 AceProレビュー

それではアクションカメラInsta360 AceProをレビューしていきます。

メーカーから商品をお借りしましたが内容は自由に書いております。

あのライカと共同開発した「ライカレンズ」を採用しているアクションカメラなので期待が膨らみますね。

しかも4K120fps動画、4,800万画素写真も撮影できて暗所もいけるということでどんな映像が撮影できるか楽しみです。

ちなみに、外で写真撮った作例だとこんな感じです。これだけで楽しさがやばい。

他にも日中に自分のデスクを撮影した写真だとこんな感じの写りとなります。

迫力というかこのクオリティやばいですよね。ちょっとした瞬間をAceProで撮影しただけでこのクオリティ。

先ほどの写真はアクションカメラ「AcePro」で単純に撮影した写真ですが、アクションカメラなのにこの写真のクオリティには驚きました。さすがライカレンズ。

アクションカメラInsta360 AceProのスペック

アクションカメラInsta360 AceProの特徴(スペック)はこちらです。

【アクションカメラInsta360 AceProの特徴(スペック)】
  • 1/1.3インチセンサー搭載で暗所での撮影が可能
  • 5nmAI チップを組み込んだ初のアクションカメラ
  • ライカレンズ搭載(ライカとの共同開発)
  • 昼も夜も圧倒的な画質(4K120fpsやアクティブHDRも)
  • 2.4インチフリップ式タッチスクリーン(フリップ式タッチスクリーン搭載)
  • 最先端のFlowState手ブレ補正
  • 10m防水、-20°Cの環境下でも撮影できるのでウィンタースポーツとの相性もGood
  • マグネット式マウントシステムでアクセサリーをシームレスに切り替え可能
  •  録画の一時停止、ジェスチャー制御、クラリティーズームなどの使いやすい機能搭載
  • 専用アプリの自動的にハイライト機能で動画編集も簡単
  • 急速充電にも対応

現在、AceProとAce(エントリーモデル)が発売されています。

下記でAceProとAceのスペックを比較していますが「大きな特徴としてはセンサーサイズの違い」です。

スペック詳細(開く・閉じる)
スクロールできます
項目AceProAce
値段67,800円55,000円
センサー
サイズ
1/1.3インチ1/2インチ
絞りF2.6F2.4
35MM
判換算焦点距離
16mm16mm
動画解像度動画 (最大4K30fpsでの撮影時にアクティブ HDRが有効)
8K (16:9) : 7680×4320@24fps
8K (2.35:1) : 7680X3272@24fps

4K (4:3) : 4032×3024@60/50/48/30/25/24fps
4K (16:9) : 3840×2160@120/100/60/50/48/30/25/24fps
2.7K (4:3) : 2688×2016@60/50/48/30/25/24fps
2.7K (16:9) : 2688×1520@120/100/60/50/48/30/25/24fps
1440P (4:3) : 1920×1440@60/50/48/30/25/24fps
1080P (16:9) : 1920×1080@240/200/120/100/60/50/48/30/25/24fps
動画
6K (16:9) : 6144×3456@30/25/24fps
6K (2.35:1) : 6144X2616@30/25/24fps

4K (4:3) : 4000×3000@60/50/48/30/25/24fps
4K (16:9) : 3840×2160@120/100/60/50/48/30/25/24fps
2.7K (4:3) : 2688×2016@60/50/48/30/25/24fps
2.7K (16:9) : 2688×1520@120/100/60/50/48/30/25/24fps
1440P (4:3) : 1920×1440@60/50/48/30/25/24fps
1080P (16:9) : 1920×1080@240/200/120/100/60/50/48/30/25/24fps
写真画素数4800万画素 (8064×6048)
3600万画素 (8064×4536)
1200万画素 (4032×3024)
900万画素 (4032×2264)
4800万画素 (8000×6000)
3600万画素 (8000×4512)
1200万画素 (4000×3000)
900万画素 (4000×2256)
動画モード動画(カメラ内アクティブHDR)、FreeFrame動画、
PureVideo、スローモーション、
スターラプス、タイムラプス、
タイムシフト、プリ録画、ループ録画
動画、FreeFrame動画、
アクティブHDR、PureVideo、
スローモーション、スターラプス、
タイムラプス、タイムシフト、
プリ録画、ループ録画
露出値±4EV±4EV
ISO感度100-6400100-6400
シャッター
速度
写真: 1/8000 – 120秒
動画: 1/8000 – フレームレートの逆数
写真: 1/8000 – 120秒
動画: 1/8000 – フレームレートの逆数
重量179.8g176.8g
サイズ
(幅 X 高さ X 奥行き)
71.9mmx52.15mmx38.5mm71.9mmx52.15mmx38.5mm
ストレージ内蔵ストレージなし。
最大1TBのmicroSDカードに対応。
内蔵ストレージなし。
最大1TBのmicroSDカードに対応。
バッテリー容量1650mAh1700mAh
連続録画時間100分100分
ジャイロ
スコープ
6軸ジャイロ
スコープ
6軸ジャイロ
スコープ
スペック比較

AceProには「プレミアム1/1.3インチセンサー」が搭載されているのでより暗所でも撮影が可能というのが大きな特徴の一つです。

ちなみに先日Insta360 GO3で動画を撮影しましたが暗所はいまいちだったんですよね。

参考までにAceProとGO3のスペック比較はこちらです。

スペック比較(開く・閉じる)
スクロールできます
項目AceProGO3
値段67,800円60,500円
絞りF2.6F2.2
35MM
判換算焦点距離
16mm11.24mm
動画解像度動画 (最大4K30fpsでの撮影時にアクティブ HDRが有効)
8K (16:9) : 7680×4320@24fps
8K (2.35:1) : 7680X3272@24fps
4K (4:3) : 4032×3024@60/50/48/30/25/24fps
4K (16:9) : 3840×2160@120/100/60/50/48/30/25/24fps
2.7K (4:3) : 2688×2016@60/50/48/30/25/24fps
2.7K (16:9) : 2688×1520@120/100/60/50/48/30/25/24fps
1440P (4:3) : 1920×1440@60/50/48/30/25/24fps
1080P (16:9) : 1920×1080@240/200/120/100/60/50/48/30/25/24fps
動画
2.7K: 2720×1530@24/25/30fps
1440p: 2560×1440@24/25/30/50fps
1080p: 1920×1080@24/25/30/50fps
写真画素数4800万画素 (8064×6048)
3600万画素 (8064×4536)
1200万画素 (4032×3024)
900万画素 (4032×2264)
4800万画素 (8000×6000)
3600万画素 (8000×4512)
1200万画素 (4000×3000)
900万画素 (4000×2256)
動画モード動画(カメラ内アクティブHDR)、FreeFrame動画、
PureVideo、スローモーション、
スターラプス、タイムラプス、
タイムシフト、プリ録画、ループ録画
動画、FreeFrame動画、
アクティブHDR、PureVideo、
スローモーション、スターラプス、
タイムラプス、タイムシフト、
プリ録画、ループ録画
露出値±4EV±4EV
ISO感度100-6400100-3200
シャッター
速度
写真: 1/8000 – 120秒
動画: 1/8000 – フレームレートの逆数
写真: 1/8000 – 120秒
動画: 1/8000 – フレームレートの逆数
重量179.8gGO 3: 35.5g
アクションポッド: 96.3g
サイズ
(幅 X 高さ X 奥行き)
71.9mmx52.15mmx38.5mmGO 3: 25.6×54.4×23.2 mm
(1.0×2.1×0.9インチ)
ストレージ内蔵ストレージなし。
最大1TBのmicroSDカードに対応。
内蔵ストレージ
32GB、64GB、128GB
バッテリー容量1650mAhGO 3: 310mAh
アクションポッド: 1270mAh
連続録画時間100分GO 3:45分
GO 3 + アクションポッド:170分
ジャイロ
スコープ
6軸ジャイロ
スコープ
6軸ジャイロ
スコープ
スペック比較

同じアクションカメラでも今回のAceProなら暗所でも撮影が可能なのでいろんな状況下でも動画撮影ができます。日中はもちろんですが夕方や夜でも撮影ができるので動画撮影者にとっては大きなメリットとなります。

一方GO3はアクションポッドから取り外しができ、例えば帽子につけることもできるのでPOV撮影などの使い勝手が抜群です。

他にもネックストラップにつけるとハンズフリーで撮影することができるので気軽に旅行先で撮影をしたい人にはGO3がおすすめです。

AcePro、GO3それぞれ自分が撮影したいスタイルにあった使い方で選びましょう。

付属品、同梱物

アクションカメラInsta360 AceProの付属品はこちらです。

【アクションカメラInsta360 AceProの付属品】
  • Insta360 AcePro本体
  • 充電ケーブル(Type-C)
  • 標準マウント
  • フレキシブル粘着マウント
  • 取扱説明書など

付属品はこんな感じです。

粘着マウントがあるのでシール的な使い方でフラットな場所にくっつけて使うことができますが、せっかくなら自撮り棒が欲しいですよね。

自撮り棒が必要な場合はクリエイターキットを選択することで「多機能自撮り棒」が付属されるのでそちらを選択するのも一つです。

また、すでに自撮り棒を持っている場合は「3プロング-1/4インチアダプター」を購入するだけで手持ちの自撮り棒とAceProを接続することができます。

外観、サイズ感

外観

「Insta360 AcePro」の外観はこちらです。

正面のレンズ横には現在の設定情報などが表示されますし、背面スクリーンがパカっと開くので常に撮影している被写体を正確に確認することができます(フリップタッチスクリーン)↓

こちらが左右。

左側に電源ボタンがあるくらいで見た目はかなりシンプル。

底面には付属の標準マウントを接続できるようになってます。マグネットなので簡単に接続可能。

ちなみに、粘着マウントと接続するとこんな感じ(写真右側)です。

サイズ感

サイズ感はこちらです。

手のひらサイズなのでかなりコンパクトです。

ちなみに、以前レビューしたInsta360 GO3と比較するとこんな感じです。

Insta360 GO3と比較すると同じようなサイズ感なのがわかりますね。

アクションカメラなので直接手で本体を持って撮影することは少ないと思いますが、やはりサイズがコンパクトだと気軽に撮影できて便利です。

画面の操作感

画面の操作感はこんな感じです。

レスポンス自体かなり良好で全然操作性のストレスはありません。

専用アプリ(Insta360)と接続することでアプリ側からカメラの撮影操作することも可能

専用アプリ「Insta360」でできること

Insta360 AceProで撮影した動画は専用アプリで簡単に編集することができますし、スマホに取り込むことができます。

しかもAIを使って自動で動画編集することもできて便利です。

Insta360
Insta360
開発元:Shenzhen Arashi Vision Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

専用アプリ「Insta360」なら動画編集も簡単

Insta360アプリを使えば撮った動画も簡単に編集できます。

撮影した動画を選択して編集することで複数動画から1つの動画を作ることはもちろん、BGMやテロップ、アニメーションを入れることもできます。

実際にInsta360アプリで動画編集してみたので気になる方は完成動画をご覧ください。

AIで自動編集した動画はこちら(作例)

実際に専用アプリから自動編集して作成した動画はこちらです。

動画を選択するだけなので10秒程度でこんな動画が作れる

テンプレートも結構種類がありますし、何個か撮影した動画を選択するだけであとは自動的にAIが処理してくれます。

ショート動画くらいであれば簡単に作れるのでこの自動編集機能は便利です。

アクションカメラAceProとGO3との比較

Insta360 GO3が手元にあるので動画を撮影して比較してみました。

比較方法は、それぞれのカメラを車に乗せて動画を撮影してみる方法です。まずは通常の「動画撮影」にて比較してみます。

AceProとGO3で「動画」の違いを比較

実際に撮影した動画もありますがわかりやすいように動画の一部を写真で切り抜きました。

「左側がAcePro」で「右側がGO3」の切り抜きです。

・日中の道路での撮影

まずは日中からです。日中でも繊細さが違いますが特に雲の映りが違いますね。

・日中のトンネルの中の撮影

続いてトンネルのワンシーンですが、このあたりの暗さでも違いがわかります。

・夜の道路での撮影

通常の動画撮影モードでの比較ですが、さすがにセンサーサイズが違うので夜になると結構違いますよね。

AceProとGO3とでは普通の動画撮影でもこれだけの違いがあります。GO3を使っていると暗所が全然撮影できなかったので暗所や夜間の撮影が多い人はAcePro一択ですね。

AceProをPureVideoにして撮影してみる

お次はPureVideoを使い暗闇の道路を撮影してきました。この検証がメインと言っても過言ではありません。

AceProは暗所でも撮影可能と謳っているのでどのくらい撮影できるのか検証です。

・夜の撮影(AceProをPureVideo:暗所モードで撮影)

GO3は真っ暗で先が見えませんがAceProはめちゃくちゃ明るいですね。さすがPureVideo。

AceProをPureVideo(暗所モード)で撮影しているとはいえ、ここまで違うとビビります。これは素晴らしい。

AceProで撮影した動画はこちら

参考までにAceProで撮影した動画を載せておきます。

日中の道路での撮影から高速での撮影、夜間の撮影といろんなシチュエーションで撮影してます。

参考までにこちらが「Insta360 GO3」の動画です。

(作例)シンプルに写真撮ってみた

動画だけではなく写真も面白いです。

猿山

ペンギンさん

像さん(絵)

単なるアクションカメラだけでなく写真でも十分楽しめるとか本当に楽しいです。

アクションカメラInsta360 AceProの良かった点、いまいちだった点

アクションカメラInsta360 AceProの良かった点、いまいちだった点はこちらです。

スクロールできます
よかった点いまいちだった点
暗所撮影ができる(ライカレンズすごい)
長時間の撮影もできる
手ぶれ補正がすごいので気軽に撮影できる
専用アプリで動画編集が簡単
フリップ式タッチスクリーンで被写体を逃さず撮影が可能
標準キットに自撮り棒がない
よかった、いまいちだった点

アクションカメラなのでコンパクトなサイズ感で気軽に写真も動画も撮影できるのは便利でした。

旅行時に持って行きちょっとした動画を撮影したり、自転車やスノボなど躍動感ある映像を撮影できるのは良かったです。

あと、なんと言っても暗所での撮影ができるのは良いですね。

良かった点まとめ

やはり暗所でも撮影出来るのが良かったです。

アクションカメラ(Insta360 GO3)って使い勝手が良いので色々使えますが、結局暗い場所ではあまり撮影できなかったんですよね。

でもAceProならイルミネーション撮影や水族館の中など暗所での撮影でも使えます。

今回のAceProであれば日中から暗い場所まで使えるので様々なシチュエーションにおいて動画や写真を撮影することができて便利です。

そう考えると6万円の値段がやすく感じてきました。

いまいちだった点のまとめ

普通に使い勝手が良かったのですが「付属品に自撮り棒が欲しい」です。

付属品には標準マウントしかないのでシール的な使い方で土台に固定する使い方がメインになります。

粘着マウントを接続

この使い方だと僕のように車の中で使うとか何か土台に固定して使うような使い方に限られます。

アクションカメラなので自撮り棒がないと躍動感ある撮影ができないんですよね…。

ただ、公式サイトから「クリエイターキット」を選択することで「多機能自撮り棒のセットで購入できる」ので個人的にはそちらがおすすめです。

もしくは自撮り棒は自分で購入して下記の接続部分だけを購入するかですね。

アクションカメラInsta360 AceProがおすすめな人

アクションカメラInsta360 AceProがおすすめな人はこちらです。

【アクションカメラInsta360 AceProがオススメな人】
  • 躍動感あるアクションを撮影したい人(アクションカメラとして万能)
  • 夜間や暗所での撮影を考えている人(暗所でも撮影可能)
  • 気軽に写真の撮影もしたい人(ライカレンズ採用で本当に気軽に撮れる)
  • 旅行好きな人(動画の撮影時間も長いので)

今回のAcrProは日中でも夜間でも使えるアクションカメラなのでまじで使い勝手が良いです。

夜間のライトアップしてる場所はもちろんですが、ある程度の暗所でも撮影できることを考えると結構万能なアクションカメラです。

Insta360 AceProレビューまとめ

それでは今回のアクションカメラInsta360 AceProをまとめます。

【アクションカメラInsta360 AceProの特徴(スペック)】
  • 1/1.3インチセンサー搭載で暗所での撮影が可能
  • 5nmAI チップを組み込んだ初のアクションカメラ
  • ライカレンズ搭載(ライカとの共同開発)
  • 昼も夜も圧倒的な画質(4K120fpsやアクティブHDRも)
  • 2.4インチフリップ式タッチスクリーン(フリップ式タッチスクリーン搭載)
  • 最先端のFlowState手ブレ補正
  • 10m防水、-20°Cの環境下でも撮影できるのでウィンタースポーツとの相性もGood
  • マグネット式マウントシステムでアクセサリーをシームレスに切り替え可能
  •  録画の一時停止、ジェスチャー制御、クラリティーズームなどの使いやすい機能搭載
  • 専用アプリの自動的にハイライト機能で動画編集も簡単
  • 急速充電にも対応

【新生活セール開催】2月28日から16時からAceProが11%オフ:¥67,800→¥60,300になります。お得に買えるチャンスです。

今なら弊メディア→公式サイトからの購入で「スクリーンプロテクター」が無料ギフトされます。レンズが傷つくとショックなのでこれは必須です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次