【保護】車にチャイルドシート痕がつかないマットが良い!

どうも、cx8がますます好きになっている僕です。

今回は、車(cx8)にチャイルドシートを乗せているのですが、そのチャイルドシート痕が気にならない(つかない)チャイルドシートマットを購入したので、早速レビューしました。

キックガードもセットなので、新車を購入して車を綺麗に保ちたい方や、お子さんがいる方はとても良いと思います。

さらに、車の中にダブレットを持ち込めばYouTubeが見られる便利なキックガードも購入したので合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

座席にチャイルドシートを置くと跡がつく

皆さんは、車にチャイルドシートを乗せる時って、何か(例えばマットとか)敷いてチャイルドシートを置いてますか?

新車を購入した時や、車を売りたい時を考えると、シートに傷や跡が付くのは避けたいですよね。

ちなみに、こんな感じでシートカバーなしでチャイルドシートを乗せると、座席に跡が付きます。

そのままだとシートに跡が付く

シートが本革かどうかにもよりますが、結構傷もついたりするので、できれば何かカバーを敷きたいですよね。

シートに汚れが溜まる

子供が座席でお菓子を食べることって結構あると思うんですが、車のシート内に何か落ちると全然取れません。

しかも、座席シート内に落ちたお菓子にカビが生えたらもう最悪です。

でも、そのシートに落ちるお菓子も、このシートがあればストップしてくれるのです。

汚れも拾える

ということで、今回購入したシートカバーがこちらです(キックガードもセット)

シートカバー

まだこの写真だけではどんな感じでチャイルドシートが置かれるのかわからないと思うので、詳しくレビューして行こうと思います。

チャイルドシートマットのレビュー

と言うことで、早速チャイルドシートマットをレビューして行きます。

まず、今回購入した物はこちらです(ママデザイナー監修(選ばれてます)

最終的なチャイルドシートを乗せた感じは、こんなイメージです。

デザインもシンプルで、メーカーロゴもシンプルなので、かなり気に入ってます。

シートのデザインも素敵

ちなみに、モナムールのチャイルドシートマットを選んだ理由はこちらです。

  • デザインがシンプル(ロゴもシンプル)
  • 高級感がある
  • キックガードもセットなのに値段が安い
  • 取り付けも簡単

中でも一番は全体的なデザインがシンプル(ロゴが目立たない)ので、チャイルドシートを置いても違和感がないところです。

チャイルドシートマットの取り付け方

チャイルドシートマットの取り付け方は簡単です。

ヘッドレスト部分で紐をセットしたら、あとは敷くだけ。ただこれだけで終わりです。

チャイルドシートマットの取り付けは簡単

あとは、このマットの上にチャイルドシートをおけば、完成です。

チャイルドシートを設置

マットの取り付けは数秒で終わります。

ヘッドレストにひっかけたら良いだけなので、これなら助手席側にチャイルドシートを置く場合も簡単に設置ができます。

付属のキックガードを取り付ける

このモナムールの商品にはキックガードも付属してます。

小さいお子さんがいる場合、運転席や助手席の後ろ側って結構汚れますよね…。

このモナムールのチャイルドシートマットなら、その汚れる部分のカバーがセットでついてくると言うわけです。

キックガード

このキックガードも取り付け方は簡単で、ヘッドレストを抜いてそのまま被せたら終わりです。

ちょうどヘッドレスト部分が空いているので、そこに挿す感じです。

キックガードも良い感じ

このキックガードはおまけ程度かなと思ってましたが、使ってみると、ポケットも2つあり何かと何かと便利です。

チャイルドシートマットの保護はするべき

今回のチャイルドシートマットはいかがだったでしょうか?

シートカバーがないと、座席に跡や傷が付くので、結構気にする人が多いと思います。

もし車を売る時に買取額が下がるのも嫌ですよね…。

数千円でシートの保護ができるのに、保護しないのが原因で買取額が数万円も下がるなんて本末転倒。

このマットは取り付けも簡単で、チャイルドシートを移動する時も楽なので、今後チャイルドシートを購入しようとしている方や、今現在チャイルドシートを使っている方は、ぜひ参考にしてみてください。