【予算1万円以下でホームシアター】FUNAVOのプロジェクターがおすすめ

ガジェット

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180616233415j:image

どうも、家にホームシアターを作りたかった僕です。

今日はずっと欲しかったプロジェクターを手に入れたので、早速レビューしました。

結果から言いますが今回ご紹介する「FUNAVO」のプロジェクターは値段も1万円以下と安価ですし、ホームシアター初心者にぴったりなプロジェクターでした(コスパは良いですが、性能はそれなりだったので、その辺は後述)

なんと20%オフクーポンをいただいたので、プロジェクターが気に入ったらこの機会にどうぞ(クーポンの有効期限ありますのでお早めに)

スポンサーリンク

FUNAVOの特徴

今回レビューしたプロジェクターはこちらです。

FUNAVOの特徴はこちら

映像が綺麗(フルHD対応)
・2000ルーメンと明るい
・スマホ、タブレットの映像も見られる
・ステレオスピーカー内臓
・低騒音システム内臓で静か
・LEDなので中が暑くならない(長時間の使用も可)

僕が1番おすすめだと思う点は1万円以下のプロジェクターなのに思った以上に映像が綺麗ということです。

スポンサーリンク

どんな人におすすめか

このプロジェクターは「できるだけ安くホームシアターを体感したい人におすすめ」です。

・1万円以下で気軽にホームシアターを体験したい。
・100インチくらいの大きな画面で映像をみたい。
・サッカーやスポーツを気軽に大画面でみたい。
・スマホの映像を大きな画面でみたい。
Fire TV Stickを持っている人
・アマゾンプライムやHuluなどのサービスを大きな画面でみたい。

といった気軽にホームシアターを体験したい(安くすませたい)人向けです。

スポンサーリンク

個人的なおすすめ

最近のプロジェクターならだいたいHDMI端子があると思うので、それにFire TV Stick差し込めばアニメに映画にユーチューブにドラマにスポーツ観戦までみれます。

最近はなんでもできますよ、本当に。

うちにホームシアターあるから遊びおいでよ…なんて素敵なセリフも言えちゃいます。

マジでおすすめなので、持ってない人はこの機会にぜひ。

まだアマゾンプライム会員でない人はこちら(1ヶ月間無料体験ができるので興味がある人はお試しください)

スポンサーリンク

憧れだったホームシアター

僕は小さいころからホームシアターに憧れてました。

でっかいソファ

でっかいスクリーン

迫力のスピーカー

大迫力の音質とまでは言えませんが今回のプロジェクターにはスピーカーが内臓されてます。

そう、つまりこれ1台で簡単なホームシアターが完成します。

いや〜!テンション上がりますね!

さらには、スマホの投影、PS4やスイッチ、子供が見るディズニーやジブリの再生や、学校行事の上映会などなど…これ1台で何でもできます。

スポンサーリンク

プロジェクターを開封してみる

では、早速開封してみます。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20181124234932p:plain

Ecom Global Solutions様からサンプル提供

A:プロジェクター本体
B:電源コード
C:リモコン
D:説明書
E:3色入力コード

その他入力ポートはVGA、TF、HDMI、USBがあり外部スピーカーにも出力できるため、音にこだわりたい人にも安心です。

とりあえず最近はHDMIがあればだいたいいけますよね。

スポンサーリンク

壁に投影してみる(明るさチェック)

今回は下記のように部屋の壁に投影してみました。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20181124235007p:plain

この部屋のサイズは8畳くらいで、画面のサイズでいうと100インチくらいです。

画像の時間帯は昼前なのですが、部屋のカーテンが遮光カーテンではない為、昼前だと2000ルーメンでも映像が薄くなってしまいました(部屋が明るい)

もし、用途的に朝から使いたい+部屋のカーテンが遮光カーテンではない場合は後から取り付けられる「遮光カーテン」を購入するか、暗い布で窓を隠しましょう。

アマゾンにも下記のような商品ありますし、ホームセンターやニトリなどにもあります(僕はニトリで購入しました)

ブロガー仲間の先さんも、後から取り付けられる遮光カーテンおすすめしてました。

ナフコTWO-ONE STYLEで買った遮光カーテンが超おすすめ品だった

先さん、その節はありがとうございました。

ということで、部屋を暗くして投影してみるとこんな感じです(ちょうど良い明るさになってます)

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180616233415j:image

映像のなめらかさを伝える為に動画も準備しました(ゆるきゃんを投影)

※音量はかなり絞ってます

動画見たらだいたい伝わると思います。

正直1万円以下でこのクオリティは十分だと思いました。

台形補正とピント調整も可能

一応台形補正とピント調整が可能です。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20181124235046p:plain

①:ピント調整

②:台形補正

自動調整とはいきませんが、台形補正があるのはすごくありがたいです。

ゲーム(PS4、スイッチ)も可能

僕がやってみたかったシリーズの「100インチでゲーム」も可能です。

今回はスイッチのスプライトゥーンを投影して遊んでみました。

スイッチとHDMIで繋ぐだけなので超簡単ですw

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180616233412j:image

もちろんPS4などもいけます。

この100インチスクリーンでマリカーしたり、ウイイレしたら超楽しいんでしょうね…きっと。

スマホやパソコンの画面出力も可能

HDMIのポートがあるので、スマホやパソコンの映像も出力できます。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20180616233415j:image

これはパソコンの画面を出力してますがパソコンの画面を出力可能ということはアマゾンプライムなどのサービスや借りてきたDVD再生、ユーチューブなども投影可能というわけです。

他にも下記のようなアイテムがあればスマホやタブレットも可能です。

上記はアンドロイド用ですが、iPhone用もあります。

これらのアイテムを揃えたら本当に気軽に自宅でホームシアターが完成しますよw

USBのポートもある

USBポートも1つあるので、例えば動画をUSBメモリにコピーしてもらったとか、写真が入っている場合も、プロジェクターのリモコン操作で中のデータが見られます。

スポンサーリンク

残念だった点

・短焦点ではないのでそれなりの距離が必要。

10万円くらい出せば壁と数センチの距離でも投影が可能なプロジェクターがあります。

今回のプロジェクターで100インチの画面を映そうと思ったらそれなりの距離が必要です(最低でも画面と2mくらいは必要)

・自動でピント調整&台形補正してくれない

これは1万円以下という値段を考えたら仕方ないのでしょうが、少し置く場所が変わった時でも全て自分で調整しないといけません…。

まぁいいんですよね…しょうがないんですけどね…w

スポンサーリンク

今回ご紹介した商品

ということで、今回僕がご紹介したプロジェクター(FUNAVO)はこちらです。

20%オフクーポンコードはこちら

アマゾンに限り20%オフクーポンがあります。

FUNAVO00

【クーポンの有効期限】
 2018年6月19日〜なくなり次第終了です (コード入力して使えたらOK)
【使い方】
レジまで進み、下記の場所に入力後「適用」を押してください。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20181124235124p:plain

スポンサーリンク

まとめ:初心者は1万円以下のプロジェクターがおすすめ

今回僕がご紹介したプロジェクターはいかがだったでしょうか?

例えば兄弟が多くてスマホの画面だけじゃ小さすぎるとか。クリスマスや正月などにイベントするから大人数で見られるプロジェクターがあったらな…などなど。

今回のプロジェクターは気軽にホームシアターを作りたいという方にはぴったりだと思います。

ちなみに、もし家に三脚がある場合は、その三脚にプロジェクターをセットすることで置き場所と高さを工夫することができます。

使い方はその人の自由なのでいろんな方法をトライして楽しんで頂けたらと思います。