【子供が楽しめる庭遊び】人工芝を楽しむオススメの遊び方

みなさん、庭に人工芝があるって最高ですよね?

これを読んでいる人は「これから人工芝を敷く予定」の方ですか?それとも「人工芝をすでに敷いた人」でしょうか?

今回は、そんな両方に当てはまる方に向けた僕がオススメする「こどもと人工芝を楽しめる遊び」をまとめました。

僕は実際に人工芝を敷いた方の人なので、今回のまとめも実際に子供と遊んでみてのオススメとなります。

スポンサーリンク

人工芝って楽しい

ランキングに入る前にですが、我が家はこんな感じで人工芝を敷きました。

我が家の人工芝

最初は、人工芝の施工の方法もどうしようかなとか、どういった形に人工芝を敷けばいいのかめちゃくちゃ悩みましたが、どうせやるなら庭全体に人工芝を敷いてしまった方が仕上がりも綺麗だし、庭のメンテナンスもかなり楽になると考え思い切りました。

だって、庭全体に人工芝を敷くと草引きしなくていいんです(これだけでもかなりのメリットがあると思います)

一度天然芝を植えて失敗している過去がありますから…。

人工芝での遊びに注意することは?

遊び方のご紹介の前に、人工芝ではどの時間帯で遊ぶことをイメージしてますか?

僕はいろんな遊びをして感じましたが、人工芝って「意外に熱い」んです。

はじめは人工芝が敷けたら、裸足で遊びながら、犬もそこで遊べたらいいなと思っていたのですが、最近は異常なほどに熱い日があるので、炎天下の中で人工芝で遊ぶのは裸足だと熱いです。

ですので、ものすごく天気がいい日に遊ぶ場合はタープのような「日陰を作れるもの」があると非常に助かるので準備しておいた方がいいです。

そもそも裸足で遊ばなければいいのですが、小さいお子さんがいるご家庭や人工芝の上でプールなどを考えている場合には日陰は必須となりますので、ぜひ覚えていてください。

それでは人工芝の上で子供と楽しめるオススメの遊びへ移ります。

人工芝という空間を楽しむ

まず、僕が一番オススメするのは「人工芝の上でお菓子パーティ」です。

人工芝の上は至福

人工芝の上にタープをセッティングして日よけが完成したら、あとは椅子と机をおけば「最高な空間」の完成です。

こんな風に机の上にお菓子やドリンクをおけば、それだけで至福の時間が過ごせます。

お菓子パーティ

子供達と一緒にお菓子を食べながらお話やトランプをするだけでもかなり楽しいので、これだけでも人工芝を敷くメリットは大きいと思います。

また、こんな感じでご飯を作ったり、バーベキューするのもいいと思います。

他にもハンモックやベッドなどを置いても最高だと思うんですよね…。

自分だけのベッド

人工芝の上で塗り絵やスクイーズだって作れる

庭に机さえ置くスペーズがあれば、なんだってできます。

プラレールを走らせるのもよし、ブロックで遊ぶのもよし、先日は塗り絵やスクイーズを作ったりしました。

芝の上は最高の遊び場

庭なので絵の具の汚れも気になりませんし、人工芝に絵の具がついても水で洗い流せば問題ありません。

これだけ自由なスペースができると、子供はもちろんですが親にとってもありがたい遊び場となります(現に我が家は公園行こうと言われる回数が減りました)

プールで遊ぶ

続いて、夏場限定になるかもしれませんが「人工芝の上ではプール」は最強ですよね。

僕もそうですが、家でプールをする為に人工芝を敷く人も多いのではないかと思います。

ポイントとしてはこちら。

  • プール終わりの水を捨てるのが楽
  • プールの底が痛くない
  • プールの外も裸足でOK
  • 水を捨てると打ち水の代わりとなり涼しく感じる

実際に人工芝でプールを数回していて思ったことは「絶対に日よけが必要ということと、やはりお庭プールは最高」と言うことです。

ただ、安定して楽しいお庭プールですが、プールのサイズが大きすぎると「めちゃくちゃ水道代が高い」なんてことにもなりかねないのでご注意ください。

ストライダーや変身バイクで遊ぶ

少しタイヤが大きめの方が走りやすいとは思いますが、人工芝の上で変身バイクやストライダーを乗ることだってできます。

変身バイクとストライダー

人工芝の上だとクッション性がいい感じになるので、変身バイクなどから多少こけても全然問題ありません。

ただ、あまり速度が期待できないので、そこは子供の成長具合によって変身バイクの段階をあげるか、乗り場を道路や公園に変えるなどの使い分けが必要だと思います。

ストライダーは多少タイヤが大き目がいいかもしれません。

ボーリングして遊ぶ

やはり人工芝の上で遊ぶので、ボールを使った遊びをしたいところです。

我が家の場合は、わざわざボーリングのピンを購入するまでもなく、空いたペットボトルに水を入れてピンの代わりにしてます。

ペットボトルボーリング

ボールとペットボトルさえあれば気軽にできるので簡単で盛り上がりますし、子供と大人で勝負ができるので、みんなで楽しめる遊びです。

ただ、注意点としては、近くに道路がある場合は、ボールや子供が道路に飛び出さないように十分気をつけましょう。

フットサルも楽しい

ボールを使った遊びという面では「フットサル」も同様に楽しめます。

かんかん照りでなければ人工芝の上を裸足で駆け巡ることも可能なので、もちろん裸足でフットサルも可能です。

また、こういったゴールをおけば、それだけでフットサル場の完成です。

子供に本気でフットサルやサッカーを習わせたいと考える場合は、裸足でボールをタッチする感覚を覚えさせるのも上達させる上での一つのポイントだと思います(サッカー経験者は語る)

鉄棒やトランポリンで遊ぶ

子供の教育の為にと鉄棒とトランポリンを購入したのですが、人工芝の上でも楽しむことができます。

家の中では、鉄棒の周りにクッションを置いたりしてましたが、人工芝の上ではある程度クッション性が担保されるので、そのあたりはあまり気にせず鉄棒ができます。

ただ、鉄棒やトランポリンのデメリットとしては、雨の日など片付けるのが面倒くさいです。

その他、家の中と違って思い切りトランポリンの上で遊ぶことができるので、出したら出したで楽しく遊べるのですが、毎回片付けてると非常に面倒くさくなります。

ちなみに、人工芝の上でトランポリンを出したい場合は、手すりがあるトランポリンでないと、跳ねすぎた場合に危ないので「手すり有りのトランポリン」ご検討ください。

鉄棒に関しては以前記事にしてるので、こちらでご確認ください。

人工芝を楽しむ遊び方まとめ

僕がオススメするのは、やはり「人工芝の上でのお菓子パーティ」、それ以外はプール、鬼ごっこやトランポリンなどは安定して楽しいです。笑

とりあえず、庭遊びと言えど、庭そのものを楽しめるのは本当に重要だと思います。

その他、人工芝で遊ぶ上での注意点として、紫外線や気温などには気をつけたいので、タープや日陰の確保は忘れずに御考えください。

コメント