ダイソーの自分で作るスーパーボールのコスパが良い

どうも、スーパーボール大好きの僕です。

みなさん、スーパーボールって自分で作ったことありますか?

僕の子供もスーパーボールが大好きで、どうせなら自分で作ってみた方が楽しいのではないかと思い、記事にまとめました。

洗濯ノリなどでスーパーボールを作る作り方もありますが、今回はダイソーに売っているスーパーボール作れる商品でオリジナルのスーパーボールを作ってみたという話です。

結果的には、超簡単に作れましたがちょっと注意事項もあります。

スポンサーリンク

スーパーボールを作る準備物

まず、オリジナルのスーパーボールを作るにはこういった物が必要です。

スーパーボールを作る準備物
  • ダイソーの中身(色付きの粉、丸ケース)
  • 水を入れる容器(できれば捨てられるコップなどの方が良い
  • ゴム手袋があると良い(手にくっつくから)

特に準備が難しい物はなく、ダイソーで買ってきた「自分で作るスーパーボール」の中の物と、水を溜めるケースがあればそれだけで完了です。

ちなみに、アマゾンや楽天で購入したら結構な値段しますよね。

でも、ダイソーで購入して自分で作ったらコスパ的にもすごく良いです。

あとは、作ったスーパーボールを大きめなバケツに入れて、スーパーボール拾いなんてすると、子供がかなり喜ぶのではないかと思います。

準備物の注意点

今回、僕は洗面器を使いましたが、スーパーボールになる粉が水と混ざると結構くっつきます。そして手につくと、なかなか落ちません。

なので、そもそものケースは捨てられる容器(紙コップやプラスチックの容器など)を使うと、作り終わった後に捨てられるので良しです。

オリジナルスーパーボールの作り方

オリジナルのスーパーボールはこんな感じで作れます。

スーパーボールの作り方

作り方は非常に簡単で、5分程度あればオリジナルのスーパーボールが作れてしまいます。

具体的に作り方を説明

まず、自分で作るスーパーボールの中に入っている粉をだし、丸いケースの中に入れます。

カラーバリエーション

1商品につき、3色の粉があり、商品のカラーバリエーションは2種類です。

で、上記丸ケースの中に好きな粉を入れます。もちろんミックスして入れることでオリジナルのスーパーボールを作れます。

粉を入れる

実際に粉を入れてみるとこんな感じです。

粉はサラサラで、丸ケースも水を入れる為に穴が空いているため、結構粉が落ちます。

後から掃除するのが大変なので、下に粉が落ちても良いような場所でやるか、バケツなどの中で粉を入れましょう。

ケースに好きな粉を入れたあとは、用意したバケツに水を入れて、そのまま水につけましょう。

約3分程度待てば出来上がりです。

作ったスーパーボール

スーパーボールを作る上での注意点

多少前述してますが、スーパーボールの粉は結構手にくっつきます。

直接手で触ることもできますが、落ちにくいのでゴム手袋があると良いと思います。

また、小さいお子さんがいる方は食べないようご注意しましょう。

丸ケースなしで大きなスーパーボールが作れる

同梱してある丸ケースを使わなくても、粉と水さえあれば大きなスーパーボールが作れます。

今回僕は手で握りながら大きなスーパーボールを作ったのですが、やはり結構手にくっつくので、できればゴム手袋をしてから自分の手で丸めるようにしましょう。

やり方次第では、なかなか大きなオリジナルのスーパーボールが作れます。

オリジナルスーパーボールは跳ねるのか?

それでは、ものの5分で完成したダイソーのスーパーボールは跳ねるのでしょうか?

完成したオリジナルスーパーボールはこちらです。

これが意外に跳ねます!

ダイソーの商品だから、あまり期待はしてなかったのですが、さすがダイソーと言うべきか、クオリティが高いです。

ダイソーすげーっす!

ダイソーの自分で作れるスーパーボールまとめ

今回のダイソーのオリジナルスーパーボールは如何だってでしょうか?

手にくっつく部分は石鹸などで洗えば落ちるので、みんなでオリジナルスーパーボールを作ったあとは、手を洗いましょう。

それ以外は、子供も楽しめるし、作ったあとは自分で跳ねるか試すこともできますし、みんなでスーパーボールを使ってそのまま遊ぶこともできます。

やはり、ダイソーで100円でこのクオリティは素晴らしいと思います。

超簡単にオリジナルのスーパーボールが作れるので、ぜひ試してみてください。