メッシュWi-Fiならコレ!おしゃれDecoシリーズの最新機種X50がおすすめ

スタイル家電

どうも、Decoシリーズの無線ルーターにハマっている僕です。

今回はTP-Linkの無線ルーターDeco X50をレビューしていきます(TP-Link様よりDeco X50を商品提供)

今回のDeco X50はWiFi規格「WiFi6」対応で、速度は合計3.0Gbps(5GHz帯で2402Mbps、2.4GHz帯で574Mbps)の見た目がおしゃれなWi-Fiルーターです。

Decoシリーズは何個か(Deco X60、Deco Voice X20)レビューしてますが、デザインがおしゃれで無線ルーターっぽくないのがいいですよね。

Deco X50の簡単まとめ

LANポートが3つに増え、1ユニットで大体230㎡(1〜3LDK)のWi-Fiエリアをカバーできるので、一般家庭でメッシュWiFiを構築する場合は十分すぎる無線ルーターでした。

Deco X50のポイント】
  • デザインがおしゃれ
  • LANポートが3つ
  • メッシュWi-Fiの構築が簡単
  • 独自アプリの設定や操作が簡単
【いまいち】
  • 特になし

Deco X50のスペック

まずはDeco X50のスペックから見ていきましょう。

Deco X50
Deco X50の特徴(スペック)】
  • WiFi規格:WiFi6対応
  • 遅延低減(4ストリーム(5GHz:2×2/HE160&2.4GHz:2×2)に対応しラグを低減)
  • 3つのギガビットポート搭載
  • 広範囲のWi-Fiエリアをカバー(2パックで最大420㎡)
  • 最大接続可能台数150台
  • AIメッシュ(ネットワーク環境を賢く学習し、各ご家庭に合った理想的なWiFiを提供)
  • TP-Link HomeShield(セキュリティ強化)
  • 独自アプリでネットワークを簡単設定

Deco X50の商品詳細はこちら

Deco X50のメリット

今回レビューしたDeco X50のメリットはこちらです。

メリットというより「使う上でのポイント」といった方がニュアンス的にはあってそうですね。

【メリット(ポイント)】
  • デザインがおしゃれ
  • LANポートが3つ
  • WiFi6対応
  • メッシュWi-Fiの構築が簡単
  • 独自アプリの設定や操作が簡単

一番はおしゃれなデザインなのにハイスペックで簡単にメッシュWiFi環境が構築できる点でしょうか。

メッシュWi-Fiとは

メッシュとは「網の目(メッシュ)」なので、網の目のようにエリア全体(例えば自宅)にWiFiを敷き詰めることができるWiFiもしくはWiFi機器のことです。

例えば3階建ての一軒家でも、いくつかDecoユニットを繋げてメッシュWiFiを構築すれば快適なネットワーク環境(繋がるWiFi)が構築できます。

Decoシリーズはデザインがおしゃれ

僕はDecoシリーズが大好きなのですが、理由としてはデザインがおしゃれで無線ルーター!って感じがしないからです。

例えばリビングや自分のデスク上に置いたとしても、全然無線ルーターに見えないですよね。

Decoシリーズはデザインがおしゃれ

この、白くて可愛いフォルムでシンプルデザインなのにハイスペックなのが好きです。

メカメカしいデザインで、「ざ・無線ルーター」って感じのもいいとは思いますが、デスクや置く場所によっては他に置いてある置物との相性があるので、僕はこっちのデザインの方が好きです。

ちなみに、他のDecoシリーズはこちらです。

【Deco Voice X20】※基本スペックはX20と同じでアレクサ内蔵モデル

Deco Voice X20

【Deco X60】

Deco X60

Deco Voice X20に関してはAmazon Alexa内蔵なので少しデザインが異なりますが、基本的なデザインは同じです。

DecoシリーズでおすすめはDeco X20かDeco X50

どのくらいの広さでWiFiを使いたいか」によりますが、2階建ての一軒家や一般的なマンションであればDeco X20で十分メッシュWiFiを構築できます(どこでもネットが繋がりやすいのがこのメッシュWi-Fiのメリット)

ただ、Deco X20の場合は速度の合計が1.8Gbpsなので、もっと速度が欲しい人はDeco X50を選んだ方がいいです。

もちろん、速度が欲しい人はもっとゲーミング寄りのルーターを購入して有線で接続した方が無難ですが、例えばDeco X50にはLANポートが3つあるので、そこを利用して有線で接続するのも一つの手です。

そうすることで、繋がるWiFiエリアと速度を兼ね揃えたネットワーク環境が作れます。

いまいちなところ

以前Deco X60をレビューした時に、LANポートが2つしかなくていまいちだと書いたのですが、今回のDeco X50はそこが改善されて3つになってます。

LANポートの個数が改善されたことで、Deco X50に関してはイマイチな部分がありません…。

【いまいちなところ】
  • 特になし

メッシュWi-Fiを気軽に構築できる無線ルーターとしては、まじで2022年おすすめNo1ではないかと思ってます。

Deco X50レビュー

それでは、実際にDeco X50をレビューしていきます。

外観レビュー

まず、Deco X50を開封してみるとこんな感じです。

Deco X50 開封

今回は2ユニットパックをレビューしましたが、他にも1ユニット版、3ユニット版もあります。

1ユニットで大体230㎡(1〜3LDK)のWiFiエリアをカバーできるので(目安)、使いたい広さにあったユニット数を選びましょう。

2階建て一軒家の場合は1階に一つ、2階に2個目を置くイメージでしょうか。

続いて、箱の中身を全部出してみるとこんな感じです。

箱の中身
【同梱物】
  • Deco X50 本体
  • ACアダプタ
  • LANケーブル1本
  • 取り扱い説明書

やはりDecoシリーズはこのデザインが素敵ですねー。

可愛いフォルムでデザインも素敵です。ボディがスマートで全然無線ルーターに見えない。

デザインがスマート

デザインがシンプルでカラーが白なので、白系の同じデザインで揃えることで統一感が出しやすいのも魅力の一つです。

Deco X50のサイズ感

サイズはこちらです。

110 mm× 110 mm × 114 mm

数字だと分かり難いのでiPhone12を横に並べてみました。

サイズ感

高さはiPhone12より小さく、横のサイズはiPhone12の1.5倍程度です。

全体的にコンパクトなので、自宅のリビングにも省スペースで置けるサイズ感です。

Deco X50の背面

背面デザインはこちらです。

背面デザイン

Deco X60の時には2つだったLANポートが3つに増えてます。待望のLANポート増です。

我が家の場合はリビングにDeco X50を置いており、1つ目のLANポートはモデムからの入力で使い、もう一つのLANポートはNintendo Switchに、最後の一つはTVに繋いでます。

他にも有線で使いたいシチュエーションがあったりするので、LANポートが2つだと少ないんですよね。

このLANポート追加は本当に嬉しい。

Deco X50のWiFi設定

Deco X50の設定は専用アプリを使うことで簡単に設定できます。

TP-Link Deco
TP-Link Deco
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ

専用アプリを使いWiFiの設定をすることで数分で終わります。詳しくはこちらをご確認ください。

DecoアプリでWiFiを設定する方法

Deco X50のLEDが緑色になったら設定完了です。

緑なら設定完了

電源を入れた状態だとLEDがブルーになるので、このあたりも設定完了かどうかがわかりやすいのがいいですね。

ブルーが初期状態

鉄骨3階建一軒家でDeco X50の速度検証

我が家で実際にDeco X50のネットワーク速度を測定してみました。

今回、ネットワーク速度を測定した環境はこちらです。

検証シチュエーション

【ロケーション】鉄骨3階建一軒家

【回線速度】MAX1Gbpsのネットワーク回線

【検証のポイント】1階、2階、3階それぞれでMAX近い速度が出るか?(現状は1階に無線ルータを置いてるが、3階だとあまり速度が出ない)

【検証方法】1階にDeco X50を1ユニット、2階にもDeco X50を1ユニット置いて、1階、2階、3階それぞれで速度測定する。

1階フロアでの速度測定

まず、1階フロアでの速度はこちらです。

1階での回線速度

MAX1Gbpsの回線にしては遅いですが、平均的な速度はこんなもんですかね。

元々Archer AX73を使っていて、平均的には300Mbps弱程度は出るので、もっと速度が出てもいい気がしますが…。

2階フロアでの速度測定

続いて、2階フロアでの速度はこちらです。

2階での回線速度

2階でも1階とあまり速度が変わらないくらいの速度ですね。

3階フロアでの速度測定

最後に、3階フロアでの速度はこちらです。

2階での回線速度

3階でもそこまで速度が落ちることなく回線速度が出ています。

さすがメッシュWiFiというべきか、2階に1ユニット置いてるだけですが特に3階でも問題なくネットが使えそうです。

ただ、ゲームをする場合(速度が必要な場合)は有線で接続するか、ゲーム用に無線ルーターを検討した方がいいかと思います。

速度のパフォーマンス的にはArcher AX73の方が速いです。

今回レビューした無線ルーター

今回レビューした「Deco X50」はこちらです。

【Deco X20】

【Deco X60】

Deco X50まとめ

今回のDeco X50はいかがだったでしょうか?

Deco X50の特徴をまとめます。

Deco X50の特徴(スペック)】
  • WiFi規格:WiFi6対応
  • 遅延低減(4ストリーム(5GHz:2×2/HE160&2.4GHz:2×2)に対応しラグを低減)
  • 3つのギガビットポート搭載
  • 広範囲のWi-Fiエリアをカバー(2パックで最大420㎡)
  • 最大接続可能台数150台
  • AIメッシュ(ネットワーク環境を賢く学習し、各ご家庭に合った理想的なWiFiを提供)
  • TP-Link HomeShield(セキュリティ強化)
  • 独自アプリでネットワークを簡単設定
Deco X50のポイント】
  • デザインがおしゃれ
  • LANポートが3つ
  • メッシュWi-Fiの構築が簡単
  • 独自アプリの設定や操作が簡単
【いまいち】
  • 特になし

最近大好きなDecoシリーズは本当にデザインが無線ルーターっぽくなくて良いです。

自宅以外にも美容室などお店を出している人にとってもオシャレに見えるDecoシリーズとの相性はいいと思います。

例えばお店でメッシュWiFi環境を構築することで、広いエリアでiPadで電子書籍をお客さんに見せたり、ネットワークに電化製品を繋げてIot化も進められます。

自宅の場合は無線ルーター自体を隠せばそれなりに見た目の対処ができますが、お店の場合はモデムの位置も限られますし、そもそもWiFiのエリアを広げてどこでも繋がるようにしないといけないので、ある程度のネットワーク機器が必要となります。

そういった意味でもオシャレで簡単にメッシュWiFiを構築できるDecoシリーズとの相性は良いのではないでしょうか。

【Amazonでお得にポイントをゲットする裏技】
Amazonで買い物するならギフト券チャージ利用で最大2.5%ポイントバック

アマゾンで買い物するなら「ギフト券にチャージして買い物する」方がお得です。

最大で「2.5%」もポイントが付与されるため、その付与されたポイントで新たな商品を購入すればお金の節約に。

クレジットカードでチャージすることで、クレカのポイントとアマゾンのギフトカード分のWポイントをゲットできるのでおすすめ。

チャージは、下記からチャージしたい金額を選択もしくは記入してチャージするだけなので簡単です。

スタイル家電ネット回線、モバイル
ナンダをフォローする
なんぶろ