Dibea D008 PROがコスパ良くおすすめなコードレス掃除機だった

家電

どうも、最近またコードレス掃除機をゲットした僕です。

今回は1万円以下で購入できるコスパが良いコードレス掃除機についての内容です。

みなさん、できる限りコスパが良いコードレス掃除機って欲しいですよね。

特にこれから新生活も始まるので、一人暮らしにちょうど良いくらいのコードレス掃除機をゲットしたのでご紹介します(もちろん一軒家でも十分活躍します)

今回ご紹介するコードレス掃除機は、DibeaのD008 PROと言うコードレス掃除機なのですが、安くて吸引力も高くて良いコードレス掃除機でした。

価格帯で言うとダイソンにも負けてないスペックなのではないでしょうか。

Dibea D008 PROというコードレス掃除機を見つけた

Dibeaと言うメーカーは中国のメーカーです。

有名なダイソンを真似てコードレス掃除機を作ったことにより有名になったみたいです。

今回ご紹介するD008 PROも確かに見た目はダイソンに似てます。でも最近はダイソンに似た掃除機かなり増えてません?

見た目も性能も結構ダイソンに見てますが、やはり値段が違います。

ダイソンは有名なだけあって値段が高いですが、D008 PROはかなり安くコスパが良いです。

正直、安いので吸引力もいまいちかなと思っていたのですが、これが全然問題なかったです。気になる吸引力などの詳細は後述します。

Dibea D008 PROのレビュー

それでは早速D008 Proコードレス掃除機のレビューです。

まず、商品はこんな感じで大きめな段ボールで届きました。

Dibea D008

ちなみに、ヤフーやAmazon、楽天などにもD008売ってますが、最安値はGショッパーです。

Amazonや楽天だと在庫切れで似たようなシリーズしかないようです。ただ、レビューは参考になるかと思いますので、興味ある方はレビューを参考にしてみてください。

最安値のGshopperはこちらです。

【Gshopper(Gショッパー)】

参考までに僕がGshopperを使うかどうか悩んだ記事を載せておきます。最近注目を浴びているサイトなのであまり情報がないんですよね。

Dibea D008 Proを開封する

DibeaのD008を開封すると中身はこんな感じです。

DibeaのD008の中身

このアタッチメントが全部入ってもかなり安いです。吸引力も思った以上にあって個人的には大満足でした。

これだけのアタッチメントがあるので、まさに一人暮らしのコードレス掃除機にはぴったりだと思います。

とりあえず、段ボールの中は全部バラされた状態だったので、バッテリー部分と本体部分を組み立てます。組み立てと言ってもくっつけるだけなので、数秒で終わりました。

ドッキング

こんな感じで本体を組み立てたらあとはバッテリーを充電します。

Dibea D008 Proの充電はダイソンと同じように挿せば良いだけですね。電源を刺すと緑のランプが点灯してどのくらい充電できているかをお知らせしてくれます(Maxで3つ)

バッテリーを充電する

Dibea D008 Proのスペック

Dibea D008 Proのスペックはこんな感じです。

電池:2200mAh

充電時間:4ー5時間

消費電力:250W

弱モードで稼働:30分(12000Pa)

強モードで稼働:15分(22000Pa)

吸引力:22000Pa(強モード)

重さ:2.3Kg

価格を考えるとこれだけの吸引力はすごいと思います。

ダイソンV7とD008 Proをスペック比較

せっかくなので有名なダイソンV7と比較します。そもそも価格帯的にダイソンの方が高いですが、致し方ないですね。

項目D008 ProダイソンV7
価格約6千円〜1.4万円約2.2万円
重量約2.3Kg約1.8Kg
稼働時間(強)約15分約6分
稼働時間(弱)約30分約30分
充電時間4〜5時間3.5時間
D008 ProとダイソンV7のスペック比較

ダイソンV7と価格が倍と言うことを考えると、このD008 Proのスペックは十分すぎるスペックかもしれませんね。

ただ、重量が少し重いので、かなり軽いコードレス掃除機を探している人はダイソンの上位モデル(価格も5万円オーバー)かシャープなどの日本企業のコードレス掃除機の方がおすすめです。

D008 Proはアタッチメントが多い

本当にD008 PROのアタッチメントは多いです。フローリング用のヘッド、ソファや絨毯ようのヘッドや車の中でも使えそうな細い隙間ノズルなどなど。

全部使いこなせるのかなと思うほどにアタッチメントが豊富です。

アタッチメントが多い

と言いながらも早速車のシートを掃除しました。

車内掃除

なんやかんやアタッチメントが多いにこしたことはありませんね。コードレス掃除機って本当に便利なのでついつい掃除したくなってしまいました。

Dibea D008なら掃除も簡単

実際にゴミを吸い取って溜める部分は細かく分解ができて、水洗いすることも可能です。

細かく分解可能

結構使っていると細かいゴミが溜まってくるので、こう言った細かく分解できるポイントはかなり助かります。

Dibea D008 PROなら置き場所も選ばない

付属品の中には本体をドッキングできる付属品が入ってます。

スマートに格納できる

この付属品があると、コードレス掃除機を縦置きできるので置き場所を選びません。

ちなみに我が家は冷蔵庫の横に置くことに決めました。こんな感じで収納しているのですが、見た目もスマートですし、すぐに掃除機が使えて便利です。

スマートな収納

気になるD008 Proの吸引力は?

さて、気になるD008の吸引力はいかがでしょうか?

十円玉も楽勝で吸うレベル

10円玉を吸い込んで試したのですが、10枚一気に吸い込めました。

思った以上に吸引力があることが分かりますね。10円玉10枚って結構重いですよ。

もし、家にコードレス掃除機がある方は実際に10円玉がどのくらい吸えるか試してみると良いかもしれません。

D008 Proコードレス掃除機まとめ

今回のD008 Proコードレス掃除機はいかがだったでしょうか?

正直、思った以上にコスパが良く嬉しく思ってます。コードレスになるとついついいろんなところを掃除したくなりますが、これもコードレス掃除機の良いところなのでしょう。

新生活シーズンですし、コスパが良いコードレス掃除機を探している人は今回ご紹介した「D008」を候補の1つにしても良いと思います。

有名どころのダイソンもダイソンで良いとは思うのですが、何せ値段が高いです・・・。