Gshopper(Gショッパー)の会員登録や買い物(注文)方法とは

AD

どうも、最近Gshopper(Gショッパー)にハマっている僕です。

みなさんGshopper(Gショッパー)って知ってます?

僕は最近このECサイト知ったのですが、このGshopper(Gショッパー)が安い商品多くて良かったので、会員登録や買い物の仕方をまとめました。

もし、Gshopper(Gショッパー)発見したけど、どう買い物して良いかわからないといった方の参考になれば幸いです。

Gshopper(Gショッパー)とは?

まずはじめにGshopper(Gショッパー)とはどういったサイトなのか?使っても大丈夫なのかと思う方はこちらで情報をまとめました。

結論から書くと、Gshopper(Gショッパー)は数年前に日本進出し独自ECサイトを立ち上げたみたいで、まだ情報は少ないですが注目されているECサイトのようです。

僕もコードレス掃除機をゲットしましたが、商品も品質も良くてびっくりしました。もう少し知名度が出てきたらAmazonのようなECサイトになるんですかねー。

Gshopper(Gショッパー)の会員登録方法

それでは会員登録方法から説明して行きます。

Gshopper(Gショッパー)の会員方法は簡単です。

まず、Gshopper(Gショッパー)のサイトに行きます。

【Gshopper(Gショッパー)】

そして、サイト上の方のログインボタンを押します。

ログインについて

ログインボタンを押すと↓のような画面に遷移するので、登録ボタンを押して必要事項を入力してください(メールアドレスでOKです)

Gshopper(Gショッパー)のログイン

メールアドレスなどの登録が手間な人は、グーグルアカウントやフェイスブック、Twitterのアカウントでも会員登録可能です。

Gshopper(Gショッパー)での買い物方法(使い方)

続いては、実際にGshopper(Gショッパー)でお買い物をする方法です。こちらも非常に簡単です。

まず、欲しい商品を選び、購入するボタンを押します(カートに入れておいて後からまとめて購入することもできます)

商品購入手順

そうすると、↓の画面に進むので配送先を入力します。都道府県をいれる場所が下にあるので(並びが異なること)にお気をつけください。

配送席を入力する

最後に保存するボタンを押すと支払いに進みます。

支払いは「クレジット」「アリペイ」「ペイパル」の3つから選べます。無難にクレジット決済が多いと思いますが、ペイパル使えるのは大きいですね。

支払い方法

これでGshopper(Gショッパー)の使い方は終わりです。非常に簡単だと思います。

商品が日本にある倉庫からの発送の場合は2〜3日で商品が届くと思うので少しお待ちください。

Gshopper(Gショッパー)から届いた荷物

届いたら開封して思う存分お楽しみください。

追加で新しいコードレス「Z11 Pro」掃除機を手に入れた

商品が大丈夫だったのでGshopper(Gショッパー)で新しいコードレス掃除機「Z11 Pro」を手に入れました。

定価4万円くらいする価格ですが、Gshopper(Gショッパー)なら半額くらいで手に入ります(最初は半信半疑でしたけど、大丈夫なのがわかったので追加)

Z11 Pro

すごく気に入ってるので、これは非常にお得だったと思います。

しっかりレビューしたので、詳細はこちらからどうぞ。

【詳細】Shunzao Z11 Proコードレス掃除機がダイソンを超えた?

気になるGshopper(Gショッパー)のサービス

Gshopper(Gショッパー)は下記のサービスがポイントです。最近ではAmazonも保証がある商品多いですが、Gshopper(Gショッパー)も負けじと1年間の無償保証があります。

  • 1年間の無償保証
  • 商品到着から7日以内は交換可能
  • 14日以内なら返金可能

なかなか手厚いサービスだと思います。

なお、送料については商品を選択した時に送料無料かどうか画面に表示されます。

Gshopper(Gショッパー)でおすすめな商品

Gshopper(Gショッパー)ではAppleやXiaomiも取り扱いがあります。人気商品やスマホを手に入れたい人には非常にありがたいですね。

Xiaomi

こちらはAppleのAirPodsですが、人気商品は売り切れになりやすいので欲しいのであれば早めに注文することをおすすめします。

Gshopper(Gショッパー)の使い方まとめ

Gshopper(Gショッパー)の使い方はいかがだったでしょうか?

最近注目されているECサイトだけあって魅力的なサービスがありますね。

日本ではAmazonや楽天ほど有名ではないですが、サービスは良いと思うのでこれから使って行きたいと思います。

最近はAmazonも変な中華製の商品が増えてきたので、同じ商品をAmazonとGshopper(Gショッパー)とで比較して、値段や送料、到着時間などをみながら使い分けする感じですかね。

魅力的なECサイト自体が増えるのは消費者にとって嬉しいことだと思います。