【2020年リビングにブロガーの作業部屋】Mac mini導入!作業環境・デスク周りを整えた話

どうも、作業部屋を新しくし、Mac miniを購入したブロガーの僕です。

2020年になったので、ブロガーたるもの作業環境(デスク周り)を綺麗にしようかなと思い、作業部屋記事を書きました。

今回はリビングに作業部屋を確保しようと、リビング全体の雰囲気を壊さないように考えました

勢いでMac miniを購入してしまった都合もありますが、今回はずっとMacBook Airを使ってブログを書いていたので、以前の部屋と新しい環境両方(ガジェットも)をまとめてます。

スポンサーリンク

完成したリビングのデスク周り(作業部屋)はコレ!

と言うことで、完成した僕の新しいリビングのデスク周り(2020年の作業環境)はこちらです。

New作業環境

全体的に結構シンプルな作業環境にしました。

ブログも作業環境も部屋もシンプルが一番(モニターは4kディスプレイからウルトラワイドに変更しました。)

今回の新しい作業環境に購入したガジェットをまとめるとこんな感じ。

  • PC:Mac mini2018
  • ディスプレイ:LG4K 23.8型→LG 29型ウルトラワイド
  • キーボード:ロジクール(K780)
  • マウス:ロジクール(M570)
  • 背の高い机と椅子(KASHIWA)

【ディスプレイ】

(4Kディスプレイ)

(ウルトラワイド)※角度調節付

【キーボード】

【マウス】

キーボードとマウスはどれを購入するか本当に悩みましたが、結構調べて全体的にいいものを購入しました。

あと、アームはデュアルディスプレイにしようと思い購入を検討しましたが、アームを購入するよりディスプレイをスーパーワイドにした方が良いと言う結果になりました。

モニターを2つおくより、スーパーワイドで1画面ですっきり画面が見えた方が全体に綺麗ですし、電源もたくさん必要ないですからね。

今はモニターが安くなっているので、安いタイミングで購入しましょう。

ただ、家でのテレワーク(コロナ)の影響のせいか、品薄になりつつあるので早めに準備することをおすすめします。

結果的に、ディスプレイはLGだし、キーボードも3つを切り替えられるlogiにしたし、結構いいもの購入して作業環境整えたなと思います。

やはり値段は裏切らないと言うか、使ってみてよかったので後悔もしてません。

MacBook Airでのデスク周り

他にも、MacBook Airのみで作業する場合はこんな感じになります。

MacBook Airのみで作業する場合

MacBook Airは画面も小さく、結構見づらく感じてしまいますが、モニターをとってしまえばここまですっきりしたデスク周りにもできます。

そういった意味でもアームを使って固定するのではなく、ウルトラワイドの方がすっきりするかなと個人的には思います。

アームはアームで汎用性高くて使いやすいんだけどな

AQUOSのTVにも出力してみた

さらに参考までに、アクオスのテレビ(60型)にもMac miniから出力してみました。

Mac miniからテレビに出力

リビングだけあって、Mac miniから良い感じに映像や音声を出力できるのですが、ちょっとテレビがでかすぎました。

動画編集したものを見る(確認)する環境としては素晴らしいと思いますが、細かい作業をするには画面が大きすぎて向かないです。

例えば、動画編集をして、ちょっと編集した動画の確認をする場合には、こういったリビングに作業環境があるとかなり便利だなと思います。

リビンングでMacBook Airのみで作業するなら

ちなみに、もしリビングでMacBook Airのみ(自分のデスクなし)で作業するならこんな感じになります。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161015134039j:image
MacBook Airは友達

全然自分の書斎という感じではなく、ソファにサイドテーブルを置いて、その上にMacBook Airを置いてブログを書く感じです。

なんか、一軒家って感じっすね

ソファーも普通のソファーなので、めちゃくちゃ腰が痛くなりますし、肩もこります。

別角度からの一枚はこんな感じ。

f:id:nadanonadanotamenonadaniyoru:20161015134113j:image
リビングから動けない

全部MacBook Airで完結するようにしているため、必要最小限のものだけをテーブルに置いて作業してますが、やはり自分のデスクがあった方が作業はしやすいです。

リビングの作業部屋イメージ(構想したこと)

新しい作業環境ではリビングにMac miniを導入したのですが、合わせてディスプレイとキーボード、マウスも購入しました。

作業環境を考える上でイメージしたのはこんな感じです。

  • ディスプレイはウルトラワイド(デュアルではなくウルトラワイド)
  • スピーカーは別で用意
  • Mac miniとiPad、Apple Watchなども置けるスペースの確保
  • ガジェット系はインテリアとしても置きたい
  • 配線(コード類)は綺麗にしたい
  • リビングなのでそれなりなおしゃれな雰囲気にしたい

上記はリビングのデスクイメージ(予定&想像)ですが、こんな感じで今回はしっかりした机にパソコンと椅子を配置するつもりでした。

本当は椅子も疲れない系の良い椅子が良いのですが、リビングにそういった椅子を置くと全体の雰囲気と合わないため今回は見送りました。

あとは、「モニターアーム」も一緒に購入するか迷ってますが、リビングにモニターアームを置くのはちょっと…と考え、ウルトラワイドにしました。

リビング全体で作業環境の見栄えを考える

この写真は作業環境を作った後に、任天堂スイッチの「任天堂ラボ」を購入して遊んでいた時の写真ですが、こんな感じでリビングの中に僕がブログを書くデスクがあります。

基本的に無駄な物は置いていないので全体をみてもすっきり見えてますし、Mac miniなので省スペースで済みます。

また、椅子はデザイン重視なので決して座りやすい椅子ではないですが、長時間椅子でゲームをするわけではないので問題ありません。

それでも2時間〜3時間くらいは問題なく作業できてます。

ディスプレイはLGのウルトラワイド

それでは、今回購入したグッズ(ガジェット)を購入した理由も一緒にまとめていきます。

元々はLGの4K使ってた

まず、ディスプレイは元々LGの4Kディスプレイを使ってたのですが、やはり画面は広い方が作業効率が上がるのでウルトラワイドに変更しました。

ウルトラワイドなら快適広々

デュアルディスプレイと悩みましたが、デスク周りがかさばりそうだったのでウルトラワイドにして正解です。

しかもこのLGのゲーミングモニターならスピーカーと角度調節機能もあり、結構音も良いです(後述してますが、Mac miniの音声はいまいち

他にも僕はMac miniでVirtualBoxを使い、Win10を入れて動かしてます。

コレもウルトラワイドなら画面1つでそのままMacOSもWinも動かせるためかなり快適です。

Mac miniでwin10を開く

結局、ウルトラワイドならツイッターを隣でみたり、編集したブログのスマホ画面用の確認をしたりと結構汎用性あります。

  • 画面が広い方が良い(ツイッターやスマホ画面での確認したいので)
  • ちょうどいい画面の大きさ
  • デザインがシンプル

デュアルディスプレイで作業しようと思ってましたが、ウルトラワイドだと電源も1つで良いし、デスク周りもスッキリします。

ウルトラワイドへの入力

HDMIの入力は1つですが、LGのモニターは使いやすくて良いです。ディスプレイのサイズ感的には、もう少し大きくてもよかったかなと言う感じです。

キーボードはロジクールのK780

続いてキーボードですが、キーボードはロジクールのK780を購入しました。

キーボードはロジクール

ロジクールK780のポイントはこんな感じです。

  • 3つのデバイス接続を切り替えられる
  • Mac、Windows、iOSにも使える
  • スマホ、タブレットスタンドがある
  • テンキーがある
  • 電池持ちが良い
  • シンプルなデザイン(丸いデザインも可愛い)

一番いいところは、1ボタンで3つのデバイス切り替えが可能と言う点です。

今のデスクにはMacBook Air、今回のディスプレイ、iPad、iPhoneが並ぶ想定です(たまにwinも利用する)

iPhoneは普通に手でフリック入力するので問題ないのですが、例えばセカンドディスプレイとしての用途以外に、MacBook AirやiPadで何か別のことする時にいちいちそれぞれのキーボードで入力するのめんどくさいですよね。

最初はHHKBが良いなと思ったのですが、切替のストレスと値段を考えると今回はロジクールのK780に落ち着きました。

HHKBについてもう少し調べてみて、切替のストレスより勝る何かをHHKBに感じたら買い替えも検討かなと思ってます。

で、ロジクールのK780ですがボタン1つで3つのデバイスを切り替えられます。

1ボタンで3デバイス切替

この、デバイス切り替え機能、なかなか便利だと思いませんか?そのほか、イマイチだったと言うかきになる点もあります。

その他、キーボードのスイッチは右側の横側にひっそりとあります。

右側面にスイッチ

K780のイマイチなところはこんな感じです。

  • キーボードが重いので持ち運びには向かない(875g)
  • デフォルトのFnキー入力は設定アプリ(ロジクールオプション)の設定が必要
  • 記号の配列に慣れが必要(win持ちなら良いと思う)

重さに関しては持ち運ばない想定なら問題ないです。その他、Macで使う場合にはキー配列が少し違うので慣れが必要です。

慣れは必要ですが、キーボードの叩いた感じの感触は良いし、静音で気に入ってます。

マウスはロジクールのM570

最後にマウスはロジクールのM570を購入しました。

マウスはM570

M570のよかった点はこんな感じです。

  • トラックボールマウスが良かった(スペースがないので)
  • ちょうど良いサイズ感
  • 多機能でなくて良い
  • シンプルなデザイン

やはり省スペースの場合はトラックボールが良いです。M570のよかった点は以上です。

M570使ってみて普通に使いやすいですし、やはりマウスを動かすスペースがあまりないのでトラックボールが良い仕事してくれます。

逆に気になる点としてはこんな感じです。

  • Bluetooth接続ではない
  • 電池持ちは悪い→4ヶ月使ってますが、全然問題なしです

なにやら電池の残りが少なくなると画面上に「電池が少ないです」と言うアラートが出るようなので、その辺りはM570を長く使ってみて追記して行こうと思います。

とりあえずは、エネループを購入して電池の消耗に備えようと思ってますが、今のところ普通に数ヶ月使えてるので、電池の消耗は問題ないです。

【Amazon.co.jp限定】パナソニック エネループ 単3形充電池 4本パック スタンダードモデル BK-3MCC/4SA
パナソニック(Panasonic)

トラックボールの掃除も簡単

ロジクールのM570マウスのトラックボールは簡単に取り外せるので、掃除も楽勝です。

マウスの裏側にネジがあるので、その1箇所を緩めて、あとはトラックボールを取り外してフキフキしたら終わりです。

こんな感じで掃除も簡単なのでトラックボールの滑りが悪くなったらすぐに掃除できます。

音響は5.1chで楽しむ

我が家のリビングには5.1chがあるので、スピーカーはそのままリビングのスピーカーを使ってます。

Mac miniからONKYOへ

この、オンキョウのスピーカーだと、スマホアプリでもスイッチや音量などの操作ができ、大変便利です。

スマホでスピーカーの操作が可能

デスク上のキーボードにスマホを置いて、そこでスピーカーの電源を入れたら勝手に繋がるわけですから、本当に便利です。

デスク周りのガジェットはいろいろつながる時代ですからね。

僕は映画が好きでリビングの天井には5.1chを用意したのですが、こういった作業環境でもMac miniと接続できるといいですよね。

自分の子供が遊ぶ動画とか、編集した動画とか、直接音楽をスピーカーから流せるとか最高です。

5.1chの前3つ

他にも休日はプロジェクター使ったアニメや映画みるのも最高の贅沢だと思います。

【詳細】(予算1万円以下でホームシアター)FUNAVOのプロジェクターがおすすめ

スピーカーはMac miniでない方が良い

上述してますが、Mac miniのスピーカーはイマイチなので、スピーカーは別で用意した方が良いです(僕のようにディスプレイに内臓スピーカーがある物だと良いと思います)

やはりスピーカーと言えばBOSEなので、こういった省スペースで済むスピーカーが良いとは思いますが、ちょっと値段が高いです。

他にもアマゾンプライムに入っているのであれば、サイバーマンデーセールの時などにアレクサを買ったりするのもありだとは思います。

サイバーマンデーの時などは半額でスマートスピーカーが購入できる時もあるので、そういったタイミングを見逃さないようにしましょう。

デスク周りのコード類の収納について

デスク環境のコード類ってなるべく見えないようにしたいですよね。

できれば、ディスプレイの裏で全部完結したいと思ったのですが、今回はなかなか難しかったです。

とりあえずサイドテーブルに電源タップを入れる形にして、なるべく見えなくしました。

サイドテーブルに電源タップ

こんな感じでサイドテーブルの中にはコードやハブなどガジェット含むいろんなアイテムが入ってます。

サイドテーブルに全部in

これだけでも多少見栄えがスッキリすると思います。

デスクにケーブルホルダーがあると便利(ケーブル収納)

ケーブル収納ですが、磁石でくっつくケーブルホルダーがあると便利です。

ケーブルホルダー

デスク周りはケーブルがかさ張るので、磁石でくっつくようにするとかさ張らなくて済みます。

こんな感じで3個セットになってて、1本ずつ磁石をセットできます。

充電ケーブルの先端にそれぞれセットしておき、充電するときだけ使って、それ以外は邪魔にならない所に置いておけば十分収納に役立ちます。

ケーブルホルダーセット

他にもデスクに磁石でくっつくスマホスタンドを置いてます。

スマホスタンドがケーブルまとめに

もちろん、スマホを置けると言うメリットもあるのですが、ケーブル類をくっつけることが可能なので、かさばるケーブルを一箇所にまとめることができます。

ブログ書いてる時にいろんなケーブルがそこらへんにあると邪魔なんですよね…。

もし、ケーブルが邪魔だなと思っている方は、磁石やケーブルフックでまとめる方法を考えてみても良いかもしれません(かなり便利です)

僕がオススメするデスク周りのガジェット

今回僕のデスク周りでご紹介したのはこちらです。

【ディスプレイ】

(4Kディスプレイ)

(ウルトラワイド)

【キーボード】

【マウス】

ブロガーのリビングのデスク周りまとめ

僕の新しいブログを書く作業場所(ガジェット)をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

今後はコードの整理や、ハブや小物も綺麗にして行こうと思ってます。

リビングというだけあって、デスク環境を整備するのにめちゃくちゃお金がかかりそうなので、優先順位をつけて環境周りを整えて行こうと思います。

リビングは友人やお客さんが来た時にも見られるので、デスク周りは気を遣います…。

気持ちいい環境にすると、ブログへのモチベーションも上がりますし、作業効率も上がりそうですね〜!(ブログ作業が捗る〜)