【2022年】あってよかった生活の質が上がる家電とガジェットまとめ

ガジェット

どうも、2022年も5月になりましたね。

今回は2022年に購入したもの含め生活が捗るシリーズをまとめました。

主に生活で使ってみてテンション上がった家電やガジェットをまとめてます。

2021年もいろんな家電やガジェットをまとめましたが2022年もまとめていきます。

2022年の5月現在、ずっとリモート生活が続いている影響もあり自分のデスク周りのガジェットが多いように感じます。

それではいってみましょー。

プロジェクター:Anker Nebula (ネビュラ) Capsule II

有名なAnkerのプロジェクター「Anker Nebula (ネビュラ) Capsule II」です。

Anker Nebula (ネビュラ) Capsule II

スピーカーの音質もよくバッテリー内蔵なのでとても使い勝手がいいです。

少し値段は高いですが、人気があるプロジェクターとして選ばれている理由もわかります。

もう我が家ではプロジェクターがある生活が当たり前となっているため欠かせない存在ですし、やはり家でのプロジェクターはテンションが上がりますね。

よかった点、いまいちだった点(Anker Nebula (ネビュラ) Capsule II)

【よかった点】
  • 映像が綺麗(解像度1280✖︎720)
  • 多様なコンテンツ対応(YouTube、Netfli、Disney、PrimeVideo、DAZNなど)
  • 持ち運べるコンパクトさ
  • 日中でもある程度見れる(200ANSIルーメン)
  • バッテリー内蔵(バッテリーのみで約2.5時間の映像が楽しめる)
  • 自動オートフォーカス、台形補正が便利
  • スピーカーの音が良い(8Wスピーカー)
  • ゲームも十分楽しめる
  • 起動が遅いかなと思ったけど気にならない程度だった
【いまいちだった点】
  • 天井に映すために三脚が必要(必須ではないけど転がるのであった方が便利)
  • Netflixを見るときのリモコン操作が手間(スマホのアプリで操作必須)
  • 垂直方向の台形補正はあるが、側面からの台形補正はない
  • 地上波見るなら別売りのTVチューナーが必要(IO DATAの製品が必要)

モニター:HUAWEI MateView GT

リモートワークするのに大きなモニターが欲しいなと思って購入したのが「HUAWEI MateView GT」です。

HUAWEI MateView GT

MacBook Air M1メインで仕事+今後ゲームすることも考えるとそれなりに解像度が欲しいなと考えた結果、この「HUAWEI MateView GT」にしました。

マイクとスピーカー内蔵ですしタッチで音量調整が可能なため、ウェブ会議も捗ります(こういう細かい機能が結構便利)

リモートワーク中心の人やゲームをする人にはマッチしているモニターだと思います。

音量調節が簡単

FlexiSpotのモニターアーム

こちらもデスクツアー関係ですが2022年はモニターアームを導入しました。

モニターアーム

やはり、なんやかんやモニターアームがあるとデスク上がすごくスッキリします。

ずっとアマゾンでは売り切れ状態で中々アマゾンで売ってないですがこのモニターアームを設置したことでデスク周りの質が上がりましたね。

モニターアームがあるとデスク周りが安定する
【モニターアームF8LBの特徴】
  • アーム頭部が取り外し可能
  • モニターの高さを自由に調節可能
  • モニターの角度を自由に調節可能
  • 配線も収納可能
  • VESA規格100 × 100、75 × 75対応
  • 対荷重3〜10kg
  • 画面対応サイズ17〜36インチ
  • カラー展開は2種類(白、黒)
  • 2種類の取り付け方法が可能(クランプ式、グロメット式)
【モニターアームF8LBのメリット】
  • アーム頭部が取り外し可能なので取り付け、取り外しが簡単
  • 高さ調節、画面のチルトが簡単
  • コード収納が便利
【いまいちだったこと】
  • 強いて言えば黒色がマット系ならもっとカッコよかった

神ツール左手ガジェット:TourBox Elite

このTourBox Eliteは激ヤバツールで神ガジェットです。まじで作業の効率が上がる。

TourBox Elite

簡単に説明するとTourBox Eliteにあるボタン14個に対してキーボードのショートカットなどのアクションを割り当てることができます。

ボタンは14個ありますが、2回押しや組み合わせにも割り当てすることができるので、本当にいくらでも割り当てることができます。

現在、新しいTourBox Eliteはクラウドファンディング中ですが、1世代前のTourBox NEOなら安く買えます。

イラストレーターやデザイナーにはもちろんですが、ブロガーにとっても十分に神ツールになるので気になる人はこちらで詳しくまとめてます。

モニターライト:Beq スクリーンバー

デスクツアーに必須ともいえるモニターライト。やはりモニターライトはBeq スクリーンバーがかっこいいです。

Benq スクリーンバー

デスクの手元だけピンポイントで照らしてくれる照明、明るさや色味を調整できる手元のコントローラーなど、本当に考えられたモニターライトですよね。

モニターライトの

少し値段が高いのが難点ですが、それでもその価格を上回るパフォーマンスを発揮してくれるモニターライトなのは間違い無いです。

手元だけ照らしてくれるのでパソコン作業はもちろんですが、読書や勉強などでも重宝します。

MagSafe:Belkin

iPhone12に変えたこともあり、MagSafe対応の充電器を購入しました。

Belkin

純正のMagSafe対応充電器にしようかとも思いましたが、黒色のシンプルなものがよかったため「Belkin」にしました。

スマホを置く角度は固定になりますが、シンプルデザインだけにデスク上でもいい感じの見た目になります。

Belkinは高い印象でしたが、この磁気ワイヤレス充電スタンドはコスパも良くこれは買ってよかったガジェットの1つです。

ラグ:UNICO

2022年になったのでリビングのラグを新調しました。

どこのメーカーのラグが良いかなと悩んだ結果「UNICO」で購入しました。

UNICOラグ

無印の家具が多いのでラグも無印で購入しようかとも思ったのですが、ラグはもう少し色味があるデザインにしようかと思い「UNICO」にしました。

本当はもう少し大きめなラグが欲しかったのと、もう少し値段が安ければオーダーラグを買ったんですけどね。笑

でも、ラグが変わると部屋全体の印象が変わって気分転換になりますし、ラグを新しくするとテンション上がりますね。

(公式)UNICO

ゲーム:PS4プロ、エルデンリング

発売当初かなり盛り上がっていた「エルデンリング」です。

デモンズソウル、ダークソウルシリーズをプレイしていた身としては絶対プレイしたかったのでPS4プロと一緒に購入しました。

エルデンリング

購入したことに後悔はしてなく、エルデンリング自体は楽しくプレイできたのですが、やはりフロムゲーだけに難易度が高い。

まだ全クリできていないままちょっと嫌になってきてます。笑

評価:3点 / 5点

有線スピーカー:Creative Pebble V2

2022年は格安有線スピーカーも購入しました。このCreative Pebble V2はかなりコスパがいいです。

だてにアマゾンの評価がかなりいいだけはありますね。

しかも8W出力と結構大きな音が出せるので、安い有線スピーカーを探している人にはピッタリだと思います。

Creative Pebble V2すごくいい

あと、気に入ったポイントとしてはサイズ感がコンパクトなことです。

有線スピーカーって大きくなりがちだし、コンパクトなスピーカーは安そうに見えるものが多いですが、このCreative Pebble V2はデザインもおしゃれでサイズ感もGoodです。

本当に2022年に買ってよかったガジェットの一つですね。

Bluetoothスピーカー:SONY SRS-XB23

お風呂やアウトドアでBluetoothスピーカーが使えたらテンション上がるなと思い購入したのが「SONY SRS-XB23」です。

SONY SRS-XB23

防水ですし、バッテリーが12時間持つので長時間使えて重宝してます。

お風呂で音楽聴いたり動画視聴サービスを使ってリラックスしたい時あると思うので、家に1つあると何かと便利ですよ(おうち時間が捗ります)

【購入してよかったポイント】
  • デザインがシンプルで省スペース
  • 縦おきも横置きも可能
  • ストラップで吊り下げられる
  • 良くも悪くも低音がしっかりしている
  • イコライザーの設定が可能(しかも設定簡単)

作業デスク(DIY)

2022年は自分のデスク環境にこだわったため、このデスクも頑張ってDIYしました。

ガジェットブロガーたるもの、オシャレなデスクツアーしたかったんですよね。

自作作業デスク

ホームセンターで天板を購入して、自分で色を塗っただけなのでコスパよく作業デスクが作れました。

元々のデスクが少し小さかったのですが、サイズ感も自分が思う通り大きくできて、既製品の木材でもよければDIYでいい感じに自分のデスクが作れます。

電動昇降デスク:EB8Z

シンプルな電動昇降デスク「EB8Z」です。

この電動昇降デスクは引き出しもありますし、デザインもシンプルです。

電動昇降デスク:EG8

以前にも電動昇降デスクを組み立てたことがありますが、このEB8Zは組み立てが簡単でした。

ガッツリデスクをカスタマイズできないという点はありますが、リモートワークの人や1人暮らしなどの限られたスペースをうまく使いたい場合はおすすめの電動昇降デスクです。

よかった点、いまいちだった点(電動昇降デスク:EB8Z)

【便利だったこと】
  • 組み立てが簡単(1人でも10分〜15分で完了)
  • デザインがシンプル
  • 引き出しが割と大きいので使いやすい
  • メモリ機能が4つあって便利
  • 充電のType-Cが便利
  • 保証あり(モーター2年保証、フレーム5年保証)
  • サイズ感がコンパクトでリモートワークでも使いやすい
【いまいちだったこと】
  • 天板の入れ替え難易度が高い
  • モニターアームを付けるのが困難(天板の高さが6cmある)
  • 重いので持ち運びが困難(38.9kg)

子供の勉強用にアイケアモニター

娘がオンライン授業を受けたり、デスク上で勉強するためにデスク周りを整えました。

目を守るアイケアモニター

最近はオンライン授業も増えていることからモニターも目に優しいモニターが増えてます。

お子さんがいるご家庭にとってはオンライン授業以外にゲームをする時にも使えます。

オンライン授業やゲームなどで長時間モニターを見るのは親としても子供の視力が気になりますよね。

子供たちはゲームが大好きだと思いますが、そんな大好きなゲームをするときでもアイケアモニターなら親からしても安心感が違います。

できれば目に優しいモニターを使いたいのは誰しもが思うことです。

視力は一度悪くなると回復しづらいので少しでも視力には気をつけた方がいいですから。

アイケアモニターの詳細はこちらでまとめてます。

2022年生活の質が上がるガジェット・家電まとめ

まだ2022年が終わったわけではありませんが、ここにまとめるだけでも結構テンション上がったガジェット・家電が多いなと感じます。

もちろん、ここにはまとめていないですがテンションが上がらなかったガジェット、家電もあります…笑

今後はスマートホーム系の家電を増やすことを検討していきたいので、その辺りのガジェットはこれから追記していきたいと思います。

【Amazonでお得にポイントをゲットする裏技】
Amazonで買い物するならギフト券チャージ利用で最大2.5%ポイントバック

アマゾンで買い物するなら「ギフト券にチャージして買い物する」方がお得です。

最大で「2.5%」もポイントが付与されるため、その付与されたポイントで新たな商品を購入すればお金の節約に。

クレジットカードでチャージすることで、クレカのポイントとアマゾンのギフトカード分のWポイントをゲットできるのでおすすめ。

チャージは、下記からチャージしたい金額を選択もしくは記入してチャージするだけなので簡単です。

ガジェット便利グッズ
ナンダをフォローする
なんぶろ